News! 2006年8月5日大阪府上映会のお知らせ

トロント国際ろうフィルム&

アートフェスティバル2006大賞は『迂路』


トロント大学内のイザベルシアターにて、トロント国際ろうフィルム&アートフェスティバル2006受賞が発表されました。以下のとおり。

  • トロント国際ろう映画&芸術祭2006大賞

  • 長編映画部門最優秀賞

    主演・那須英彰
    監督・おおだてのぶひろ
    制作・早瀬憲太郎
    カメラマン・若松昭朗/塩野谷富彦

長編映画部門最優秀賞は、8作品の映画の中から審査員投票によりグランプリに選ばれました。
トロント国際ろうフィルム&アートフェスティバル2006大賞は、世界各国制作の全31作品の中から観客の投票と審査員の投票を合わせて最も優秀な作品としてグランプリに選ばれました。

トロント国際ろうフィルム&アートフェスティバル2006 授賞式の様子


監督&製作者によるパネルディスカッション


閉会式の様子


映画祭審査員長からトロフィーを手渡される


大賞を受賞した瞬間


イタリア・アメリカの受賞者と共に


主演の那須さん

この大会の様子は、6月3日(土)教育テレビ「ろうを生きる・難聴を生きる」20:30〜20:45で紹介される予定です。


5月10日〜14日までにカナダのトロントで行なわれる、
「第1回トロント国際ろうフェスティバルアート&映画祭」
Toronto International Deaf Film and Arts Festival
(TIDEAF)へ
初出品した『迂路』がエントリーされました。

おおだてのぶひろ
監督作品


『迂路』

主演・那須英彰

予告編

「人生は回り道だらけだ・・・。」
 借金と浪費の繰り返し・・・ギャンブル、女。
 記憶を失った男は追いつめられていく・・・
 その男の名は「曽我辰夫」 

監督  おおだてのぶひろ
制作・著作 / デフムービーエンターテインメント・プロディア


News! 2006年8月5日大阪府上映会のお知らせ

2006年7月30日上映会
御礼!500名以上の参加車をいただきました。

2006年7月16日滋賀県上映会
御礼!多くの参加者をいただきました。

2006年4月23日上映会
御礼!多くの参加者をいただきました。

神奈川新聞に掲載されました。
国際ろう映画祭に横浜在住の大舘監督最新作がエントリー
神奈川新聞 3月19日付 

2006年3月19日上映会
御礼!お陰様で約500名の参加者をいただきました。


2005年12月23日上映会終了いたしました。


「通りゃんせ 通りゃんせ・・・」
かすかな記憶の中のわらべ歌・・・
僕はこの歌に見覚えがある・・・
ここは何処なんだ?
あれは誰だった?

あらすじ

記憶喪失のまま、繁華街をうろつく男、曽我辰夫。
浪費と借金だらけの人生。
キャンブルに手をかけては、女と遊びまくる。
そんなどうしようもない奴が、ある時追われる身となるのだ。
「僕はいったい、何者なのだ!?」
辰夫の寂しい心は、記憶の彼方へと導かれてゆく・・・。

解説

臨場感と高揚感が一体化した、全身をよぎる感覚!
走る!追われる!そして謎の人物。
彼の人生をシーンごとに、視覚的なテンポで追うサスペンス!
上から下へ、右から左へ身体がよじれる。
映像が立体的に、あなたの体内へ入り込むのだ。
さぁ、眼を見開いて新感覚で楽しもう!
ようこそ、「迂路」へ!


キャスト
那須英彰
直井貴司
加藤晴美
岡野めぐみ
高 正次
佐藤清寿
宍倉麻里
池谷 勇
鈴木茂男
内野沙紀
中村総一郎
金井保夫
小林美和
前野明彦
小佐野正弘
藤井理仁

スタッフ
制作・脚本・編集 大舘信広
脚本・演出 早瀬憲太郎
撮影 若松昭朗/塩野谷冨彦
助監督 戸張康子
スチール 佐塚 博/山元康弘

主演・那須英彰
監督・おおだてのぶひろ
字幕スーパー 完全版(55分)
提供 デフムービーエンターテインメント『プロディア』


Copyright (C) 2005 Deaf Movie Entertainment PRODIA all right reserved.