DEAF-NEWS

戻る    トップページに戻ります。

2010.2.1(Mon)

 愛知のろう教育を考える会主催・学習会のお知らせ

テーマ「言語とコミュニケーション」

「聴覚障害児とのコミュニケーション、日本語の読み書き、学力向上」等を考え
た場合、教職員、保護者の手話力向上が課題になります。
また、手話を導入して実践を積み上げている教育現場において、コミュニケーショ
ン能力は改善できたがそれをどのように日本語の読み書きに結び付けていくのか?
など新たな課題が出ています。
「教職員として、保護者として手話をどう学ぶのか?」
「児童生徒の手話力の評価をどう考えるのか?」
「児童生徒の手話の語り方のタイプの違いは何か?」
「児童生徒の日本語能力や記述スタイルに沿った教育、教材をどう考えるのか?」
「家庭でコミュニケーションをする時の留意点」…
日頃現場で抱えている課題、家庭での課題等を、言語とコミュニケーションに関
する調査のアンケートを踏まえて、また、小田先生の豊富な経験、研究も交えて
お話しいただく予定でおります。

是非、ご参加下さい!!(当日参加できます。)
※手話通訳が付きます。

日時 平成22年2月6日(土)
午後1時半〜4時(受付1時から)

講師 小田侯朗氏(おだよしあき)
独立行政法人国立特別支援教育総合研究所 教育研修情報部

会場 名古屋市総合社会福祉会館 7階 大会議室
(地下鉄名城線黒川駅下車1番出口徒歩8分ぐらい)

参加費(当日受付で徴収します。)

愛知のろう教育を考える会
会員 1,000円 非会員 1,500円

問い合わせ先
愛知のろう教育を考える会 事務局 新野康子
FAX0569−32−2230
E−mail irukanoiechita@yahoo.co.jp


 
戻る   トップページ   トップページに戻ります。
更新:2010/02/08
Copyright (C) 1996-2010 デフユニオン DEAF-UNION All Rights Reserved.