DEAF-NEWS

戻る    トップページに戻ります。

2010.1.26(Tue)

「スピーチサポートDS(仮)」に関するアンケート
調査ご協力のお願い
特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい 

拝啓 皆さまにおかれましては益々ご健勝のこととお喜び申しあげます。
特定非営利活動法人プロジェクトゆうあいは聴覚障がい者の情報支援、生活支援
を事業の柱として取り組む、非営利の団体です。このたび、「スピーチサポート
DS(仮)」アンケート調査のご協力をお願いしたく、お送りいたします。
本調査は、テクノエイド様の助成事業として、プロジェクトゆうあいを中心に進
めている任天堂DSソフト開発に関してアンケート調査するものです。皆さまか
らの率直なご意見、ご要望をお願いいたします。
なお、本アンケートはベターコミュニケーション研究会を通じて実施しています
が、重複受信された場合どうぞご容赦ください。先着100名様に謝礼(クオ
カード500円)のご用意もしていますので、お知り合いの聴覚障害者に転送の
ご協力いただければ幸いです。
どうか趣旨をご理解の上よろしくご協力のほどお願い申し上げます
敬具

1.調査の目的
健常者と聴覚障がい者との対面コミュニケーションに有効な方法のひとつは筆談
を使ってのやりとりです。
「スピーチサポートDS(仮)」では、発話が不得意な聴覚がい者が様々な場所
で使える筆談チャットや音声読み上げなどを組み合わせた、新しい対面コミュニ
ケーションシステムを提供したいと考えています。たとえば、「おはようござい
ます」などのあいさつ。「ここはどこでしょうか」「これはいくらでしょうか」
などの質問文を読み上げて伝えることもできます。
また、DSのタッチパネルを利用した筆談チャットもあります。
こうしたシステムにより、聴覚障がい者と健常者間のコミュニケーションの負担
を軽減し、より豊かな情報を得ることが可能になります。
調査では、こうしたソフトを聴覚障がい者がどのように評価しているかを知る
ともに、今後の開発のあり方、普及の方策を探ることを目的としています。

2.アンケート記入について
今回のアンケートは、「スピーチサポートDS(仮)」に関してご質問させてい
ただいています。
本アンケート結果はより聴覚障がい者にご満足いただける製品を開発するために
活用させていただきます。この結果を本来の目的以外に利用することは一切ござ
いませんのでご安心ください。
ご回答は、アンケート本文上にご記入いただき、そのままご返信ください。
アンケートの配布・ご回答の回収等は、ベターコミュニケーション研究会が担当
いたします。

3.謝礼等
100名様に、コンビニ等で使える「クオカード」500円相当を進呈いたします。

4.ご参加の方法
1)まず、以下のアドレスにメールをお送りください。
件名は、「アンケート協力」、本文にはお名前をご記入ください。
調査に関するお問い合わせ等も、本文に記入してください。
返送用アドレスを明記してお送りください。

送信先:ベターコミュニケーション研究会
equal@bcs33.com

2)アンケートのメールをお送りします
メールをいただいてから、概ね3日以内に送信させていただきます。
※1週間をすぎても連絡がない場合は、メールが届いていない可能性があります。
アドレス等を確認いただき、再送をお願いいたします。

3)アンケートご回答とご返信をお願いします

4)アンケートの締め切り
2010年2月15日までとさせていただきます。

5)謝礼
後日、先着100名様に、「クオカード」をお送りいたします(賞品の発送を
もって発表にかえさせていただきます)。2010年3月初旬の発送を予定して
おります。

以上、どうかよろしくお願いいたします。
以下署名です。
特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい
http://www.project-ui.com/
ベターコミュニケーション研究会
http://www.bcs33.com/
equal@bcs33.com


 
戻る   トップページ   トップページに戻ります。
更新:2010/02/05
Copyright (C) 1996-2010 デフユニオン DEAF-UNION All Rights Reserved.