DEAF-NEWS

戻る    トップページに戻ります。

2010.1.5(Thu)

 連続講義「ろう者の社会福祉とは」〜アメリカと日本〜

高山講師がやさしく解説!

最近、社会福祉やメンタルヘルスが話題に上がるようになってきました。
社会福祉とソーシャルワークというような聞き慣れない言葉も聞かれるように
なってきました。
皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

何となく知っているけれど、うまく説明できない・・・といった方も多いと思い
ます。
障害のあるなしに関わらず、すべての人々が身体的にも精神的にも安心して社会
生活を営めるように様々な側面から支援する・・・、といったところでしょうか。
ソーシャルワークとは、問題を抱えている人を支援するための援助技術です。
ろう者もメンタルヘルスや社会福祉のサポートが必要になることがあります。
しかし、社会福祉士や精神保健福祉士などの専門資格を持ったろう者はごくわず
かなのが現状です。
このたび、当協会の日本財団留学奨学生として3年間に亘る米国留学中、ソーシ
ャルワークを学び、昨年5月に帰国された高山さんをお迎えし、社会福祉の基本、
手話通訳制度、虐待、高齢者、性、移民、貧困、精神障害などといったテーマを
中心に、海外の事情も紹介しながら取り上げていただく予定です。
めったにない機会です。是非、ご参加ください。
詳細のウェブサイトはこちら http://www.npojass.org/archives/1634

●日時:2010年1月26日〜毎週火曜日
夜7時〜8時半(全8回)

●対象:社会福祉に興味のある方(初心者大歓迎です)

●定員:15名

●場所:日本ASL協会事務所(千代田区飯田橋)
http://www.npojass.org/access

●締切:1月22日(ただし、定員になり次第締め切ります)

●参加費:当協会会員16,000円/その他の方19,000円

●その他:日本の手話で話します。音声通訳はありません。

講師ご紹介:高山亨太(たかやま こうた)
1981年、神奈川県生まれ。精神保健福祉士。
筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア博士科学専攻博士前期課程修了。
性格は、おおざっぱなようで繊細。
大学院卒業後、日本財団留学奨学生として渡米。米国ギャロデット大学大学院
ソーシャルワーク修士課程に進学する。
テキサスにあるろう者のための大学や児童相談所などで臨床経験を積み、200
9年5月にギャロデット大学大学院修了。帰国。現在、社会福祉法人東京愛育苑
金町学園カウンセラー、他講師を兼任。日本聴覚障害ソーシャル―ワーカー協会
理事(国際担当)。日本における聴覚障害ソーシャルワーカー分野の若手ホープ
である。

◆お問合せ/お申込み:
〒102−0072千代田区飯田橋3−3−11 飯田橋ばんらいビル 701
日本ASL協会事務所
T/F 03−3264−8977
Email office@npojass.org
http://www.npojass.org/


 
戻る   トップページ   トップページに戻ります。
更新:2010/01/14
Copyright (C) 1996-2010 デフユニオン DEAF-UNION All Rights Reserved.