Check
第6回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム開催のご案内

(事前申込み締め切り間近!)

日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では、聴覚障害学生の高等教育支援をテーマにしたシンポジウムを開催いたします。
全国の大学における支援実践に関する情報を交換するとともに、PEPNet-Japanの活動成果をより多くの大学・機関に対して発信することで、今後の支援体制発展に寄与することを目的としたシンポジウムです。
多くの方のご参加をお待ちしております。

日時
2010年11月14日(日)10:00~17:00

会場
仙台市情報・産業プラザ ネッ!トU
(仙台市青葉区中央1丁目3番1号 AER5階・6階)

プログラム
10:00~12:00 分科会
分科会1:基礎講座「どうする?どうなる?―受験~入学~授業―」
今後大学を受験するにあたっての疑問、入学から授業開始までに必要な準備とは何か、など、主に大学進学を控えている聴覚障害学生や、受け入れる大学教職員を対象にわかりやすく解説します。(事前に質問を募集します)
司会:岩田吉生氏(愛知教育大学)
話題提供:北林かや氏(東京大学バリアフリー支援室)
アドバイザー:石原保志氏(筑波技術大学)
鈴木牧子氏(筑波大学附属聴覚特別支援学校)
橋本一郎氏(東京都立中央ろう学校)

分科会2:「詳解(しょうかい)!宮城教育大学
―理念から日々の取り組みまで―」
しょうがい学生支援室設立の経緯や、学生ボランティア団体との協同など、宮城教育大学における聴覚障害学生支援の取り組みを様々な角度から詳細に紹介します。
司会:萩原彩子氏(筑波技術大学)
講師:松﨑丈氏(宮城教育大学特別支援教育講座)
前原明日香氏(宮城教育大学しょうがい学生支援室)
アシスタント:立田真由子氏・東條桂子氏(宮城教育大学卒業生)
佐藤晴菜氏(宮城教育大学支援学生)

分科会3:「一緒にスキルアップ!
―ノートテイク・パソコンノートテイク・手話通訳―」
講義の模擬通訳を行い、各手段ごとにアドバイザーを交えて意見交換をします(聴覚障害の方も参加可能です)。機材の都合上、定員を設けさせていただく場合がございますのでご了承ください。
司会:田中啓行氏(早稲田大学障がい学生支援室)
アドバイザー:
(ノートテイク)瀬戸今日子氏(名古屋大学)
原田美藤氏(愛媛大学)
(パソコンノートテイク)岡田孝和氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)
能美由希子氏(筑波大学大学院生)
(手話通訳)吉川あゆみ氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)
棚田茂氏(埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園)

分科会4:「みんなで解決!現場の悩み
―先輩・コーディネーターとともに考えるー」
学内ではなかなか解決できない悩み、事例を聴覚障害学生、支援学生、コーディネーターという属性ごとに話し合います。障害学生支援コーディネーターや、卒業生のアドバイザーとともに、解決の糸口を探りませんか。(当日話し合うテーマを事前に募集します)
司会:高橋明美氏(みやぎDSC)
アドバイザー:河野恵美氏(立命館大学障害学生支援室)
管野奈津美氏・福田夕香氏(卒業生/聴覚障害学生)
白江香澄氏・宇治川雄大氏(卒業生/支援学生)

※分科会は、上記から1つお選びください

12:00~14:00 ランチセッション
聴覚障害学生支援に関する実践実例コンテスト
聴覚障害学生支援に関する機器展示
東北地区における聴覚障害学生支援の活動紹介
PEPNet-Japan連携大学機関活動紹介

14:00~17:00 全体会
特別企画「徹底解剖!PEPNet-Japan―あなたのギモンに答えます―」
「PEPNet-Japanって何をしているの?」「今こんなことで困っているのでアドバイスが欲しい」「PEPNet-Japanにこんな企画をやって欲しい」など、皆さんからいただくギモン、質問に一問一答形式でお答えいたします。
司会:菅井裕行氏(宮城教育大学特別支援教育講座)・及川麻衣子氏(宮城教育大学しょうがい学生支援室)

特別対談「宮城教育大学学長と語る―大学教育と障害学生支援―」
「特別支援教育マインドを持った学生を育てる」というポリシーのもと、障害学生支援にも取り組んでいる宮城教育大学の学長をゲストとしてお招きし、対談形式にて大学としての障害学生支援ポリシーや、学生教育の中の障害学生支援の位置づけについて、お話をうかがいます。
ゲスト:宮城教育大学学長 高橋孝助氏・教授 藤島省太氏
司会:中野聡子氏(東京大学先端科学技術研究センター)

聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2010 結果発表
閉会式

17:30~19:30 情報交換会 ※下記参照

対象
全国の大学等で障害学生支援を担当する教職員、及び聴覚障害学生、支援者その他高等教育機関における障害学生支援に関心のある方々

参加費 無料

情報交換会
シンポジウム終了後、会場近辺の「キリンビアフェスタ 仙台駅前店」にて情報交換会を行います。聴覚障害学生支援の具体的な方法などについて情報交換ができる場となりますので、お誘い合わせの上ご参加ください。
(17:30~19:30、事前申込み制、参加費5000円)

主催
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
国立大学法人 筑波技術大学

共催
国立大学法人 宮城教育大学

協力
みやぎDSC

その他
すべてのプログラムに情報保障(手話通訳・パソコンによる文字通訳)がつきますが、参加者同士のコミュニケーションにつきましては、各自ご配慮くださいますようお願いいたします。
昼食はご自身でお持ちいただくか、近隣の飲食店でお召し上がりください。

申し込み
事前申し込みは【11月5日(金)】で締め切らせていただきます。
それ以降に参加を希望される方は、直接会場にお越しいただき、「当日参加」受付にお申し出ください。
ただし、会場等の都合でご希望の分科会にご参加いただけない場合がございますので、事前申込みにご協力ください。分科会3は、会場の都合で、ご希望のグループにお入りいただけないことがあります。

申込み方法の詳細は下記URLよりご覧ください。
<http://www.tsukuba-tech.ac.jp/ce/xoops/modules/tinyd1/index.php?id=151&amp;tmid=262>
タグ :

次へ  新刊案内 森壮也編『途上国障害者の貧困削減――かれらはどう生計を営んでいるのか』

TOPPAGE  TOP