Check
電子情報通信学会 福祉情報工学(WIT)研究会

委員長:大倉典子(芝浦工大)
副委員長:井野秀一(産総研)
幹事:縄手雅彦(島根大),渡辺寛望(山梨大)
幹事補佐:若月大輔(筑波技大),酒向慎司(名工大),和田親宗(九州工業大学)



日程:2012年1月27日(金)、28日(土)

会場:名古屋工業大学 53号館3階
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
アクセス:名古屋駅からJR中央線鶴舞駅下車徒歩10分
http://www.nitech.ac.jp/access/index.html

テーマ:福祉情報工学一般、
ライフイノベーションのための介護・リハビリ・生活支援技術

発表申込締切:2011年12月9日(金)

問合せ先:酒向慎司(名古屋工業大学)
E-mail:s.sako[ここにアットマークを入れる]nitech.ac.jp

開催趣旨:
1月の福祉情報工学研究会では、一般テーマに加えて主に障害者や高齢者を対象とした介護・リハビリ・生活支援に関する技術などを募集いたします。
また、名古屋工業大学で進められている研究開発プロジェクト「ライフイノベーションのための介護・リハビリ・生活支援技術」(研究代表者:機能工学専攻・佐野明人教授)の協力を得て、特別講演と見学会の企画を予定しております。
この機会に皆様の幅広いご投稿、ご参加をお願い申し上げます。


申込方法について:
研究会のお申し込みには電子情報通信学会研究会発表申込システム
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=WIT
をできるだけご利用下さい。

研究会発表申し込みシステムを御利用になれない場合は、以下の書式に必要事項をご記入の上、E-mailにて酒向宛にお送り下さい。

発表日時にご希望がある場合は申し込み時に一緒にご連絡下さい。
ただし,プログラム編成上ご希望に添えない場合もありますのであらかじめご了承ください。

なお、締切までに予稿をご提出いただけない場合は、発表をご辞退いただく場合がございます。

情報保障に対するご理解とご協力:
WITでは「誰でも参加できる学会を目指して、大会・研究会における、障害のある人への情報保障方法を確立する」ことを目標として、研究会における視覚障害者向けの点字・テキスト資料配布、聴覚障害者向けの手話通訳・要約筆記などを予定しております。

この一環として、技術研究報告原稿の電子データの利用を予定しています。
電子投稿されたPDFファイルを情報保障に用いることに同意しない場合には、備考欄にその旨を記入して下さい。

障害などの理由で参加が難しい方のために、発表のリアルタイム配信を予定しています。

ご自身の講演の配信を望まない場合は、備考欄にその旨をお書き添え下さい。
(発表スライドがWebで送信されますので、スライド作成時は著作権等にご配慮下さい)

ヒューマンコミュニケーション賞:
WITが所属するヒューマンコミュニケーショングループでは、研究会で発表された論文の中から、優秀なものを選んで「ヒューマンコミュニケーション賞」として表彰する制度があります。

=cut here=
◎ 福祉情報工学研究会 2012年1月開催 発表申込書

注:なるべく研究会発表申込システムを御利用ください:
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=WIT
御利用いただけない場合は、本申込書にご記入の上、下記までお送り下さい。
E-mail s.sako[ここにアットマークを入れる]nitech.ac.jp

発表題目:
著者(所属):<発表者に○をつける>
英文title:
英文author(s):

概要:<100字程度>
キーワード:<5個程度>
英文Keywords:<上の英訳>

連絡先
氏名:(筆頭著者と異なる場合,必ず記入して下さい)
住所:〒
Tel:
Fax:
E-mail:

発表に必要な機材(OHP,VHSビデオ,プロジェクター等):PCに接続して投影するプロジェクタを準備します。
これ以外で必要な機材(OHP,VHSビデオ,スライド投影機等)がある場合は希望事項の欄にお書き下さい。
必ずしもご希望に添えない場合がありますこと,ご了承下さい。

希望事項(もしあればお書き下さい)
==

福祉情報工学研究会の情報,今後の予定は次のページをご覧ください。
http://www.ieice.org/~wit/
タグ :

次へ  日本国際聾教育学会・日本聴覚障害教育実践学会第15回合同大会のお知らせ

TOPPAGE  TOP