Check
新刊のお知らせ「誰でも手話リンガル」松森果林著

明治書院よりオトナの教科書シリーズ
「誰でも手話リンガル」という本が出版されました!
http://www.manabiya-book.jp/020-menu/post-11.html

「手話リンガル」というタイトルは、手話という言葉と、バイリンガルという言葉を組み合わせた造語です。
手話は、ろう者にとって重要な言語であるけれど、もっともっと多くの人に知っていただき、音声言語も手話も筆談もボディランゲージも、あらゆる方法でコミュニケーションを楽しめる人が増えることを願いこのタイトルをつけました。

いまどき、誰でも英語で「Thank you!」が言えるのと同じように誰でも手話で「ありがとう!」ができる社会へ。

そんな思いをこめて、手話を身近に感じてもらうための本です。

基本の手話から、ホメ手話、冗談手話、お酒のおとも手話など、簡単な手話の紹介と、手話にまつわるエピソードなど、書き下ろしエッセイも多く掲載した本です。

年末年始の贈り物にもぴったりのオトナの教科書。

手話の面白さは無限大ですが、言語としての手話を理解していただき、酒を飲みつつ、ちょこっとでも手話に興味をもってくれる方が増えるとイイナと思います。

アマゾンでも簡単にご購入できます!
http://www.amazon.co.jp/dp/4625684579/deafbook-22/
タグ :

次へ  神奈川県スキー連盟から手話によるスキー講習会のお知らせ

TOPPAGE  TOP