Check
新刊案内:アジ研選書27『南アジアの障害当事者と障害者政策-障害と開発の視点から』

年の瀬を迎え、皆様、お忙しくされていることと存じます。
日本貿易振興機構アジア経済研究所から本日、以下の本が出ました。同研究所が得意としている地域研究の中に障害の問題を取り込んでいく試みの最初のものです。インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタンを今回は取りあげました。また第2章は、インドのろう団体の状況についての興味深い考察で、日本や他の国々の状況を考える際にもいろいろと参考にして頂けるのではないかと思います。

森壮也編『南アジアの障害当事者と障害者政策-障害と開発の視点から』アジ研選書27、2011年 (定価2,600円+税)

目次
まえがき
略語一覧
第1章 南アジアにおける「障害と開発」 森 壮也
第2章 インドの障害当事者運動
-ふたつのろう者の運動の対比から 森 壮也
第3章 インドの障害児教育の可能性
-「インクルーシブ教育」に向けた現状と課題 辻田祐子
第4章 新しい時代を迎えたネパールの障害者・障害者団体と障害者政策 井上恭子
第5章 ネパールの障害当事者運動と権利擁護
-公益訴訟をとおした発展 小林昌之
第6章 バングラデシュの障害当事者と障害者政策
-Community App路aches to Handicap in development(CAHD)の意義と課題 山形辰史
第7章 パキスタンにおける障害者の自立生活運動
-受け手から担い手へ 奥平真砂子

研究所のウェブサイトでは、
http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/index.html
に掲載予定(注文もこちらからできます)が、今はまだ、この前の、アジ研選書26の本が載っているようです。
このサイトにももうすぐ出ると思いますが、ぜひご覧頂ければ幸いです。

それでは、皆様、よいお年をお迎えください。

ご案内
研究所での研究会成果をベースにした拙編著、『途上国障害者の貧困削減-彼らはどう生計を営んでいるのか』(岩波書店刊、2010年)が、2011年国際開発学会賞特別賞を受賞致しました。ぜひご覧ください。
http://www.ide.go.jp/Japanese/Researchers/111126_mori.html

森壮也さんより
タグ :

次へ  手話で語るものしり会(解散)について

TOPPAGE  TOP