Check
『目で聴くテレビ』番組紹介 2011年1月18日(火)

猛烈な寒波が日本をおそっています。皆さんのお住まいのお近くではいかがですか?寒さに負けずに、今週も「目で聴くテレビ」からメールマガジンをお届けします。

18日(火)の「目で聴くテレビ」は、お昼12時のリアルタイム字幕放送「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)で始まります。午後8時からの《目で聴くテレビ火曜日》の情報コーナー「目で聴くweekly」では、滋賀県で行われたひとつの取り組みをご紹介します。その取り組みというのは、今と昔の「遊び」を体験しながら、聴こえない・聴こえる立場の「遊び」について考えてみようと、「滋賀の聴覚障害教育を考える会」が企画したものです。その後は、山口からの「つつうらうら」、「なすの七色万華鏡」などをお送りします。
続けてお楽しみください。

20日(木)も、お昼12時のリアルタイム字幕放送「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)でスタート。その後、前週や前々週の再放送番組をはさんで、午後5時から、お正月に放送した旅チャンネル「特選!美しき日本の三大風景」他の再放送をお送りして、午後7時にこの日の放送が終わります。

22日(土)は午後2時からの《前々週の目で聴くテレビ》で始まり、午後6時からと7時45分からの《目で聴くテレビ土曜日》は、「札幌ニュース」(NHK教育)を放送します。

いよいよ今年の7月には、テレビのアナログ放送が終了し、地デジ放送だけになります。「目で聴くテレビ」は衛星放送なので、関係ないのでしょうか?いえいえ、関係があるのです。
現在「目で聴くテレビ」で放送している「リアルタイム字幕放送」や、大地震などの災害が起こったときに、字幕や手話を付けて放送する「緊急災害放送」では、
古いアイ・ドラゴンで見ていると、その字幕や手話通訳を付けている大元のテレビ番組の画面が映らなくなるのです。その画面部分は地デジ放送になるからですね。
このため、古いアイ・ドラゴン(ⅠやⅡ)を持っている人には、地デジが映るアイ・ドラゴン3の給付が受けられるように申請ができます。ぜひ、今のうちに申請してください。なお、市区町村によって対応が異なるところがありますので、市区町村の福祉窓口か、アイ・ドラゴンの取扱店、またはカスタマーセンター(FAX・06-4801-9316)にご相談ください。

この寒さ。体調が気になります。風邪などひかないように、健康に十分注意してお過ごしください。それでは、また来週のメールマガジンをお楽しみに!

【メルマガ配信希望者をご紹介してください】
番組内容と見どころをお知らせするメールマガジン配信希望者を募集しています。
ぜひお知り合いの方などご紹介してください。
*「目で聴くテレビ」の詳しい情報はウェブサイトをごらんください。
www.medekiku.jp
タグ :

次へ  手話文化村の休みの振り替え日程のお知らせ

TOPPAGE  TOP