Check
『目で聴くテレビ』番組紹介2010年12月21日(火)

さて、今年もあと10日を残すだけとなりました。お正月のご準備は順調に進んでいますでしょうか? ますます忙しくなるこのごろですが、「目で聴くテレビ」のメールマガジンで、ひと息ついてください。

まずは「目で聴くテレビ」からのお詫びです。先日12月17日に生放送した第29回「障がい者制度改革推進会議」の生中継では、放送開始まもなく、回線トラブルから約45分間映像が中断しました。視聴者の皆さまにはたいへんなご迷惑をおかけしまして、まことに申しわけありませんでした。このときの推進会議は、23日(木)の午後3時から全編再放送いたします。どうぞよろしくお願い申しあげます。

21日(火)の「目で聴くテレビ」は、お昼12時のリアルタイム字幕放送「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)で始まります。そのあと、午後8時からの《目で聴くテレビ火曜日》の情報コーナー「目で聴くweekly」は、来年お正月に放送を予定している新春特別番組の数々を紹介します。1月1日(土)の「目で聴くテレビ」は、午後2時からの「目で聴くテレビ土曜日」新春スペシャルで始まります。「目で聴くテレビ」の手話キャスターがお届けする「日本酒自慢」の新春コーナーがあります。そしてCS「旅チャンネル」さんから番組の提供を受けまして、手話通訳と字幕を付けて放送する「特選!
美しき日本の三大風景」。千葉県聴覚障害者センター制作の「障害者スポーツ大会」。さらに、2009年度さがの障害者映像祭の応募作品をいくつかご紹介します。おなじみアナザータイム手話放送は、「そうだったのか!
池上彰の学べるニュース」を送りします。そして特番の最後を飾るのは、昨年12月に川崎市で開催されたコヤマドライビングスクール主催の手話ライブ「D'LIVE Vol.7」です。お正月ならではの盛りだくさんの内容ですね。
この機会に、ぜひチェックしてください。

そのあと、川崎市聴覚障害者情報文化センター制作の「緊急災害訓練」、新潟からの「つつうらうら」、アナザー手話タイム放送などが続きます。
引き続きお楽しみください。

なお、この日の放送は、最終に午後9時30分から《再・目で聴くテレビ火曜日》を予定していましたが、これをカットさせていただき、午後9時からの《再・目で聴くテレビ土曜日》終了後、午後9時30分に放送が終わります。

23日(木)は、さきほどお知らせしたように、午後3時から、17日(金)に生中継した第29回内閣府「障がい者制度改革推進会議」の再放送をお送りします。
このため、当日予定していた《前週の目で聴くテレビ》や《前々週の目で聴くテレビ》の再放送番組は、すべて中止させていただきます。

25日(土)は、午後2時からの前々週の再放送番組で放送が始まります。
午後6時からと、7時45分からの《目で聴くテレビ土曜日》は、アナザータイム手話放送「あしたをつかめ」(NHK教育)の放送です。

「目で聴くテレビ」からあらためましてお願いがあります。受信料をまだお支払いいただいてない方は、何とぞ年内にお支払いいただきますよう、お願いいたします。

今年もあとわずかです。思い残すことのないように、また健康にも注意してもらって、みんなで良いお正月を迎えましょう。それでは、また来週、お楽しみに!

メルマガ配信希望者をご紹介してください
番組内容と見どころをお知らせするメールマガジン配信希望者を募集しています。
ぜひお知り合いの方などご紹介してください。
*「目で聴くテレビ」の詳しい情報はウェブサイトをごらんください。
www.medekiku.jp
タグ :

次へ  手話使用者による手話使用者のための2010年度「冬期韓国手話講座」追加募集

TOPPAGE  TOP