Check
『目で聴くテレビ』番組紹介2010年9月14日(火)

少しずつ、少しずつではありますが、朝夕の風の中に秋の気配が感じられるようになってきました。「目で聴くテレビ」です。皆さま、お変わりはありませんか?

14日(火)の「目で聴くテレビ」は、予定より5分遅れて、「再・目で聴くテレビ土曜日」が午後3時35分から始まります。その後に続く《前週の目で聴くテレビ》も5分遅れて午後4時5分からのスタートし、それ以降の番組は、予定通りの時間に戻ります。
午後8時からの《目で聴くテレビ火曜日》の情報コーナー・目で聴くWeeklyは、9月5日に全国手話研修センターで開催された「京都さがの手話まつり」の様子を紹介します。この手話まつりは、地域に住むろう者と聴こえる人が、手話を通して交流することを目的として企画され、今年で8回目になります。なお、この手話まつりの様子は、10月放送予定の「さがのだより」で詳しくお伝えします。楽しみにお待ちください。

その後も「映画監督大舘信広コーナー」、「香川からの地方の手話」、「白石弘のシネナビ」、「アナザータイム手話放送」などが続きます。

午後9時50分からはリアルタイム字幕放送「情報ステーション」(テレビ朝日系)をお送りします。民主党代表選の結果を、手話・字幕付きで、じっくりとごらんください。

16日(木)の「目で聴くテレビ」は、お昼12時のリアルタイム字幕放送「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)でスタートし、そのあと再放送番組をお送りして、午後7時に終了します。

18日(土)は、午後2時から放送が始まり、午後6時からと7時45分からの《目で聴くテレビ土曜日》は、「札幌ニュース」を放送します。

最後に、今週も「目で聴くテレビ」から重ねてお願いです。受信料のお支払いや、アイ・ドラゴン3への交換申請が、まだの方がいらっしゃれば、どうぞお早目にお願いいたします。「受信料の振替表が見当たらない・」「役所にアイ・ドラゴン3の交換申請に行ったが、対応がスムーズに行かない・」などなど、お困りのことがありましたら、いつでもCS障害者放送統一機構 FAX:06-6242-6502までご連絡ください。

これから秋にかけて、色々な行事への参加を予定されている人が多いかもしれません。引き続き体の調子に注意して、みんなで秋に向かっていきましょう。
それでは、また来週!

メルマガ配信希望者をご紹介してください
番組内容と見どころをお知らせするメールマガジン配信希望者を募集しています。
ぜひお知り合いの方などご紹介してください。
「目で聴くテレビ」の詳しい情報はウェブサイトをごらんください。
www.medekiku.jp
タグ :

次へ  9月限定開催!BABスクール無料見学体験!

TOPPAGE  TOP