Check
『目で聴くテレビ』番組紹介2010年7月20日(火)

連休が明け、梅雨も明けました。この一週間も、またがんばってまいりましょう!今週も『目で聴くテレビ』から、メールマガジンをお届けします。

【受信料をお支払いください】
皆さん、今年度の受信料は、お支払いいただけましたでしょうか?『目で聴くテレビ』は、皆さんの受信料で支えられています。より良い番組を制
作するためにも、皆さんのご協力が必要です。どうぞよろしくお願いいたします。

【アイ・ドラゴン3への交換をお願いします】
従来のアイ・ドラゴンⅠやⅡをお持ちの方は、地デジチューナー内蔵の新しいアイ・ドラゴン3へ交換できる制度が始まっているのはご存知ですね?各地の役所福祉窓口も、その対応体制が整ってきております。どうぞお早めに、お住まいの福祉窓口、もしくはアイ・ドラゴン取扱店にお申し込みください。

さて、20日(火)の「目で聴くテレビ」は、お昼12時のリアルタイム字幕放送「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)から始まります。

午後8時からの《目で聴くテレビ火曜日》の情報コーナー・目で聴くWeeklyは、ろうの作曲家・佐村河内守(さむらごうちまもる)さんの話題です。佐村河内守さんは、クラッシック音楽の作曲家ですが、35歳のときに完全に聴力を失いました。その彼が作曲した交響曲第1番が、この夏、京都市交響楽団によって全楽章演奏されます。7月15日に、京都市で記者会見を開いた佐村河内さん。その様子の一部をごらんください。

そのあとは、福岡からの「つつうらうら」、「なすの七色万華鏡」、「目で聴く手話研究所」、「アナザータイム手話放送」が続きます。

22日(木)の「目で聴くテレビ」は、午後7時からのスタートになります。再放送番組をはさんで、午後9時50からはリアルタイム字幕放送「報道ステーション」(テレビ朝日系)をお送りします。

24日(土)は、午後2時からの放送開始です。午後6時からと7時45分からの《目で聴くテレビ土曜日》は、アナザータイム字幕放送「あしたをつかめ」(NHK教育)をお送りします。

来週7月26日(月)は、第17回目を数える内閣府「障がい者制度改革推進会議」が開かれます。「目で聴くテレビ」では、午後1時から、今回も生中継を予定しております。続いて翌27日(火)には、厚生労働省・第5回「障がい者制度改革推進会議総合福祉部会」が開催、こちらも午後1時から生中継いたします。27日(火)は、この生中継開始時間の関係で、通常昼12時から1時5分まで放送している、この日のリアルタイム字幕放送「ワイドスクランブル」は、午後1時で終了させていただきます。

さあ、夏本番です。では、また来週の「目で聴くテレビ」番組紹介をお楽しみに!

【メルマガ配信希望者をご紹介してください】
番組内容と見どころをお知らせするメールマガジン配信希望者を募集しています。ぜひお知り合いの方などご紹介してください。

*「目で聴くテレビ」の詳しい情報はホームページをごらんください。
www.medekiku.jp

タグ :

次へ  障がい児自立支援セミナー開催決定~今から考え、行動しよう!子供の自立と社会参加~

TOPPAGE  TOP