Check
聾映『ありときりぎりす』&オランダろう映画『夢か現実か』上映会のお知らせ
多くの邦画名作を生み出した長野県上田市をはじめ、埼玉県白岡市や東京都千代田区など各地で撮影した映画『ありときりぎりす』。
そして、オランダのアムステルダムろう施設「カメド」で制作した『夢か現実か』を2本立てで上映します。特にオランダの作品は少数のスタッフで、初めて製作した映画でおおだて監督を唸らせた高い仕上がりとなっています。
ろう者の手で製作した本格的な映画を楽しみませんか?

【日時】
平成22年4月24日(土)
1回目:開場13:00 開演13:30
2回目:開場16:30 開演17:00

【会場】
赤坂区民センター 区民ホール
東京都港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内
地下鉄銀座線・丸の内線:赤坂見附駅下車A出口徒歩10分
地下鉄大江戸線・銀座線・半蔵門線:青山一丁目駅下車4番出口徒歩10分
※当センターには専用の駐車場はありませんので、
お車でのご来場はご遠慮ください。
http://www.kissport.or.jp/sisetu/akasaka/index.html

『ありときりぎりす』
イソップ童話「アリとキリギリス」。
厳しい冬を越すために夏の間から毎日働き続ける「アリ」。
今を楽しめば良いと楽観的な「キリギリス」。
「アリ」のように毎日淡々と働くサラリーマン。
大企業に勤める、ろう者が様々な人と出会い、つらい過去と向き合う。
学生時代の同級生・「キリギリス」と久しぶりに向き合うことで見えてくる心の奥底。真面目で誠実な「アリ」の本当の姿とは?
人とのつながりを大切にすることで、心を開くことができるのか。
「アリとキリギリス」の結末は?

・主演:那須英彰/江副/ウォータ・ティールン 他
・製作:草野真範/脚本:野口礼奈/原案・撮影・監督:おおだてのぶひろ

『夢か現実か』(DROOM of ECHT)
夢はうそばかり。だけど、目覚めても夢のなかにいる...。
(あらすじ)
ある農家に不思議な人がいて不思議な病気を抱えていた。
医者は精神的な病気を疑い、患者の話を聴きながら
原因を調べているうちに意外な事実が明らかになる。彼の本当の病気とは・・・
ミステリアスな映像が見もの!
2007年度作品 オランダ 35分 カラー 日本語字幕付き

・スタッフ
監督:ティモチー・ド・グラーフ(ろう男性)
副監督:ビョルン・フェルベーク・柳ヶ瀬(邦人の妻を持つろう男性)
・主演
患者 ヘンドリック・ド・ヨング(ろう男性)
医者(精神科医) ルッド・ファン・ドル・ガルド(聴男性)

【上映プログラム】
1.字幕付きCM上映(開場~上映まで)
現在、地上デジタルが普及し、多くの番組に字幕が付くようになりましたが、CMには字幕が付いていません。
映画制作協力企業から、特別に字幕作成の許可をいただき、字幕付きのCMを上映します。

2.映画「ありときりぎりす」上映(40分)
全編手話。日本語字幕付き。

3.映画『夢か現実か』上映(35分)
全編オランダ手話。日本語字幕付き

4.トークショー
監督と在日オランダ人のウォータ・ティールンさん(ろう者)のトークショー
を行います。

【料金】
大人1,000円/中高生500円

【前売券】
電子チケットぴあ 
・チケットぴあ店頭
・サークルKサンクス(※)
・ファミリーマート(※)
(※)P-コード「555-226」が必要です。

前売で残席があった場合に限り、当日券を販売いたします。
できるだけ、前売りをご利用ください。

『ありときりぎりす』公式オフィシャルサイト
http://akikiri.from.tv/

お問合わせ
「ありときりぎりす」映画製作実行委員会
FAX:045-534-6062
Mail:info@medos.co.jp


タグ :

次へ  新聞掲載

TOPPAGE  TOP