Check
ダムタイプによるパフォーマンスS/N関連シンポジウムのご案内(再掲)

情報が追加されましたので、再度お知らせいたします。
以下の記録映像上映&シンポジウムにいらっしゃる方は、事前にkeikotakeda7(アット)gmail.com[アットを@に変更]までお申し込みいただけるとありがたいです。タイトルを「S/N関連シンポジウム」としてください。
よろしくお願いいたします。

芸術家集団ダムタイプによるパフォーマンス「S/N(エス エヌ)」は日本舞台芸術史に残る非常に評価の高い作品です。そして、パフォーマンス中には「アレックス」という「DEAF」とされる人物が登場し、重要な役割を果たしています。そのような作品についてのシンポジウムが手話通訳付きで開催されることになりましたので、お知らせいたします。

期日が迫っております点恐縮ですが、もしご興味がおありの方がいらっしゃいましたら,ぜひとも、いらしていただきたく、投稿いたしました。
よろしくお願いいたします。

同時期には、早稲田大学演劇博物館にてこの「S/N」の周囲で起こったエイズやジェンダー、セクシュアリティをめぐる市民活動に関する展示を行っております。
そちらも併せてよろしくお願いいたします。

http://www.waseda.jp/enpaku/special/2011dumb_type.html

シンポジウム~「S/N」から発明する社会と繋がる方法論~

期日:10月28日(金)16:30~19:30

会場:早稲田大学小野記念講堂

入場無料 *手話通訳つき

ダムタイプのパフォーマンス「S/N」舞台映像の上映を行ったのち、「S/N」出演者の方々等を招いて、シンポジウムを行います。

現代演劇シリーズ第38弾
「LIFE with ART ~ダムタイプ『S/N』と90年代京都」

会期:2011年9月21日(水)~2012年2月4日(土)

会場:演劇博物館3階「現代」コーナー

情報提供:竹田恵子さん
タグ :

次へ  ろう・難聴教育研究会・小研究会のお知らせ

TOPPAGE  TOP