Check
「バリアフリー鑑賞DAY」~ミュージカルと演劇をポータブル字幕システムで楽しむ~

第11回全国障害者芸術・文化祭埼玉大会企画
「バリアフリー鑑賞DAY」
~ミュージカルと演劇をポータブル字幕システムで楽しむ~

埼玉県では、聴覚に障害のある方にも舞台芸術を楽しんでいただけるよう、ミュージカルや演劇の公演期間中に、ポータブル字幕システムを利用して観劇できる「バリアフリー鑑賞DAY」を実施します!
ホール入口にてお貸しするポータブル字幕機(要 事前申込)に、セリフや音の情報を、舞台の進行に合わせてタイミング良く配信するので、臨場感あふれる観劇をお楽しみいただけます。
もちろん、ポータブル字幕システムの利用料は無料です
(当該公演のチケット購入は必要)。
ぜひ、この機会にミュージカルや演劇をお楽しみください!

1 実施概要
下記の公演にて、ポータブル字幕機の貸し出しをいたします。
(1)日程・会場
(1)ミュージカル「葉っぱのフレディ―いのちの旅―」
日程 平成23年8月27日(土)11:30~、15:30~
会場 所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール
(西武新宿線 航空公園駅東口下車徒歩10分)

作品紹介
今年100歳を迎える現役医師 日野原重明氏が企画・原案。110万部を超えるベストセラー本を完全舞台化。葉っぱたちと人間が繰りひろげるファンタジックなミュージカル。生きるとはなにか、死ぬとはなにか。"いのち"をみつめる感動のストーリー。

(2)演劇「コルチャック先生と子どもたち」(劇団ひまわり創立20周年記念公演)
日程 平成23年9月18日(日) 11:00~、16:00~
会場 大宮ソニックシティ 小ホール
(JR大宮駅西口下車 徒歩3分)

作品紹介
第二次世界大戦下のポーランド。医師であり、文学者でもあるコルチャックは、子どもたちによる自治を目指して孤児院を運営していた。彼はナチスから200人の孤児を守ろうと闘った末、自分だけにおりた特赦を拒み、孤児たちとともにトレブリンカの絶滅収容所で生涯を終えたのだった。

(2)定員 各回10名

(3)費用 システム利用料は無料(ただし、当該公演チケットの購入は必要)

(4)申込方法
ポータブル字幕機の貸し出しを希望する方は、下記ホームページから申込書をダウンロードし、チケットと併せて下記(5)申込先まで、お申し込みください。
ウェブサイト http://saitama-artfes.com/110720.html

(5)チケット
ポータブル字幕システムを利用される方と、ご一緒に観劇される方の分も併せて、申込先までお申込みください。
(1)ミュージカル「葉っぱのフレディ―いのちの旅―」
料金 S席3,500円 A席3,000円 中学生以下1,000円
申込先 所沢市民文化センター ミューズ事業課
(9時~17時 ※休館日(8/9)を除く)
FAX 04―2998―6566

(2)演劇「コルチャック先生と子どもたち」
料金 4,900円
申込先 劇団ひまわり(10時~18時(月~金))
電話 03―3476―0118
FAX 03―3476―2122
E-mail ticket@himawari.net

2 お問い合わせ
「バリアフリー鑑賞DAY」について
第11回全国障害者芸術・文化祭埼玉大会実行委員会事務局
(埼玉県福祉部障害者福祉推進課内)
電話 048―830―3312
FAX 048―830―4789
E-mail a3300-04@pref.saitama.lg.jp
ウェブサイト http://www.saitama-artfes.com/

公演については、上記、チケット販売窓口に同じ

主催 厚生労働省・埼玉県・さいたま市
運営 第11回全国障害者芸術・文化祭埼玉大会実行委員会
タグ :

次へ  韓国手話を学ぶ会「交流会」のお知らせ

TOPPAGE  TOP