Check
聴覚障害児の外国語活動についての研究協議会

来年はいよいよ小学生の外国語活動が義務化され、5年生から英語学習が本格的に始まります。一般の小学校でも先生方が対応に苦慮していらっしゃる様子を見聞きしますが、聾学校でもそれは同じこと。暗中模索の中に、成果を出している聾学校もあります。一方で一般の小学校に学ぶ聴覚障害児の存在もクローズアップされてきました。

筑波技術大学では以下のようにさまざまな立場の先生方からお話を伺い、この問題について考える研究協議会を開催することになりました。聾学校の先生方や聴覚障害児を担当しておられる小学校の先生方のご参加をお待ち申し上げます。

1.日時 平成23年1月24日(月)13:30~16:00

2.場所 本学天久保キャンパス大会議室
案内図 http://www.tsukuba-tech.ac.jp/accessmap.php

3.日程
13:30~13:40 挨拶、プログラムおよび講師の紹介
13:40~14:05 千葉聾学校 石川由香先生 英語指導者の立場から
14:05~14:30 附属聾学校 関圭子先生 学級担任の立場から
14:30~14:55 千葉聾学校 田原佳子先生 通級指導の立場から
14:55~15:05 休憩
15:05~15:30 筑波技術大学 大杉豊 教材の提案
15:30~16:00 協議

4.情報保障
手話通訳がつきます(パソコンによる要約筆記依頼中)

5.申し込み・問合せ先
筑波技術大学 松藤みどり
midori@a.tsukuba-tech.ac.jp (@は半角にして下さい)
タグ :

次へ  新刊のお知らせ「ロンリーバタフライ」岡田絵里香著

TOPPAGE  TOP