Check
第2回大学における手話教育シンポジウムのご案内

関西学院大学では2008年度より人間福祉学部で言語科目として「日本手話」という科目が設定され、手話教育が展開されています。そこで得られた知見を今後に活用すべく、関西学院大学総合研究室において、大学での手話教育に関する研究プロジェクトが立ち上りました。このように大学単体としての手話教育の取り組みが徐々に深まりつつあります。しかし、大学間での手話教育の情報交換や連携はあまりなされていないのが現状です。
そこで、今回下記のように昨年に引き続き「大学における手話教育シンポジウム」と題し、各大学の手話教育の取り組みや課題などをシンポジストの方々からお話いただくことになりました。それによって、今後の大学における手話教育のネットワーク構築の契機になればと考えております。また、今回は海野和子氏をお招きし、「ナチュラル・アプローチ法での手話教育」というテーマでご講演をしていただきます。
現在、大学で手話を教えられている皆様や大学での手話教育にご関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。



日時:2011年1月9日(日)11:00~15:00

場所:関西学院大学 梅田キャンパス1405教室
(大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階)
アクセス方法 http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html をご覧下さい。

主催:関西学院大学高等教育研究センター・プロジェクト

プログラム 司会:前川和美(関西学院大学)
11:00 開会
11:15 特別講演「ナチュラル・アプローチ法での手話教育」
講師:海野和子氏(藤田保健衛生大学 手話実技担当)
12:15 質疑応答
12:30 休憩
13:30 シンポジウム
(1)大学における授業の様子や取り組みの報告(各20分)
シンポジスト(予定)
松尾美幸氏(兵庫教育大学院非常勤講師)
島田二郎氏(大阪国際大学非常勤講師)
下城史江氏(お茶の水女子大学非常勤講師)
助言者:海野和子氏(藤田保健衛生大学)
14:30
(2)フロアとの質疑応答など
15:00 終了

参加費:無料(申し込みは不要です。)
*当日は手話通訳をご用意しております。

何かございましたらお気軽に下記にご連絡いただければと存じます。
問い合わせ先:前川和美・平英司
kg-jsl@kwansei.ac.jp
http://blog.livedoor.jp/k_jsl/
タグ :

次へ  闘聾門JAPAN『東京大会2011』

TOPPAGE  TOP