Check
手話で行う日本語文章力講座:第2言語として日本語文章を学ぶ

手話が母語のろう者にとって、日本語は第2言語。そこで、UDジャパンでは、第2言語として日本語を学ぶ外国人のための方法を使い、手話で日本語の文法を学び、論理的に日本語文章のルールを理解する講座を、いろいろな形で行っています。聴者の参加もOKです。

【学習方法その1】毎週木曜日の2時間セミナー
毎週木曜日19時より、東京都品川で開催。
1回だけの参加もOK。飛び込みも歓迎です。
お支払いはその場で現金でかまいません。

・受講料 3000円/人・回(単日受講可)

・内容
【6月10日】:ビジネス用語
【6月17日】:時事用語
【6月24日】:誤用例(手話をそのまま日本語に置き換えて表現したため、間違えてしまう例)

・詳細 http://www.ud-japan.com/sem/jbl001.html


【学習方法その2】1日集中セミナー
少人数(1名~)で、10時~17時30分実施。
1日で、文章力が飛躍的に向上します。

・受講料 25,000円/1日

・内容
【6月11日(金)】:「走っている」、「習っている」などの「テ形」と、「閉まる」「閉める」などの自動詞・他動詞。
【7月16日(金)】:「雨が降る」「雨に降られる」などの使役・使役受身。
【9月17日(金)】:敬語とビジネス文書。
【10月15日(金)】:1日で10種類の助詞を学ぶ助詞編。
【11月19日(金)】:敬語とビジネス文書。

・詳細 http://www.ud-japan.com/sem/jblh003.html


【学習方法その3】:通信講座
シリーズ(1)は、基本文法。毎月1日に教材が届きます。学習期間6カ月。
練習問題を全部提出すると、修了書が発行されます。

・受講料 17,800円(全6回分・消費税込み)

・内容
1カ月目:助詞「は」と「が」の違い、2カ月目:格助詞「を・に・へ」、3カ月目:格助詞「で・と・より・から・まで」、4カ月目:テ形の基本「~ている」、5カ月目:テ形の応用「~てある」、6カ月目:聞こえない人の誤用例

・詳細 http://www.ud-japan.com/tusin/jbl.html

興味のある方には、通信講座の無料試写版DVDをお送りいたします。
氏名・住所・メールやファックスなどの連絡先と、「デフウォッチ試写版DVD希望」と記して、下記までご連絡ください。

主催及びお問合せ先:UDジャパン
京都港区港南2-12-27 株式会社UDジャパン
JR各線「品川駅」徒歩8分
モノレール「天王洲アイル駅」徒歩8分
りんかい線「天王洲アイル駅」徒歩12分

講師:鈴木隆子
手話通訳士・手話講師・日本語教師

お申し込み・お問合せ方法
FAXまたはメールでご連絡ください。
FAX:03-5460-0240
メール:seminar@ud-japan.com


タグ :

次へ  森美術館「MAMアートコース」レクチャー6月1日開催のご案内

TOPPAGE  TOP