Check
第6回全国聴覚障害教職員協議会春の研修会のご案内

来月4月4日に京都市にて、聴覚障害児教育現場におけるさまざまな課題と実践成果について研究協議を行います。
全国の教育機関に勤める聴覚障害教職員や健聴の教職員の皆さん、研修はもちろん、ご一緒に交流をはかりませんか。多くの方々のご参加をお待ちしております。

1.期日 2010年4月4日(日)9時~16時半

2.会場 京都市聴覚言語障害センター
〒604-8437 京都府京都市中京区西ノ京東中合町2

3.参加者 40名

4.参加資格 全国の教育機関に勤務する聴覚障害教職員及び健聴の教職員

5.概要
全聴教春の研修会は、全聴教の会員が教育現場での取り組みを真摯に話し合い、実践力をつけていく場である。これまでの研修では、聴覚障害児教育の専門性として、一つは日本語を豊かに使いこなす力を獲得させること、もう一つは聴覚障害の児童・生徒を集団の中で育て、学力を向上させ、社会性などを身につけさせることなどを中心にレポート報告・研究協議をしてきた。今回の研修では、ある聾学校の児童生徒への日ごろの実践と取り組み例のレポートを予定している。
その後、参加者にはこの聾学校の児童生徒をもとに、文系的な教科内容の指導グループ、理系的な教科内容の指導のグループ、自治会活動(児童会、生徒会、舎生会など)の指導グループに分かれていただく。報告してもらった児童・生徒の実態に即して、またその聾学校で行っている取り組み事例を参考に、より発展的に、より理解を深める指導の組み立てを協議し、模擬的な指導場面を設定し、発表を行う。これらをふまえて、井坂行男氏(大阪教育大学教員養成課程特別支援教育講座聴覚障害分野准教授)から現場での聴覚障害児教育のあり方に反映させるための助言を頂きたいと考える。

6.参加費 会員1000円 非会員1500円(飲み物・資料代)
参加費は当日、受付で納入お願いします。

7.連絡先 〒639-1122
奈良県大和郡山市丹後庄町456 奈良県立ろう学校内 吉本努
FAX:0743-56-8833
E-Mailアドレス atom_yoshimoto@yahoo.co.jp

8.申し込み先
奈良県立ろう学校内 吉本努宛 FAX:0743-56-8833
※希望指導グループを申込用紙に記入の上、FAXをくださるようお願いします。

14.申し込み締め切り 平成22年3月25日(木)
※定員40名になり次第、締め切らせていただきます。

15.お願い(宿泊・昼食や情報保障について)
・今回は、各自で宿泊予約手配、昼食も各自持参でお願いします。
・参加者の状況によっては、参加者の皆さんには触手話通訳、聴者教職員の方々に手話の読み取り通訳のボランティアをお願いすることがあるかもしれません。
ご協力をお願い致します。

開催要項や参加申し込み用紙は、下記のURLに参照してあります。
ご覧ください。
サイトを見る


タグ :

次へ  日本初・「テレビコマーシャル字幕放送 実験」を実施

TOPPAGE  TOP