Check
手話通訳付・雪上トレッキングと木工ワークショップで木とつきあう

雪の森をスノーシューで歩き、きびしい季節に生える樹木に逢いにいきませんか

バックカントリー経験者は装備(*1参照)があれば
テレマークスキーやスノーボードでの参加も出来ます。
(*1 シール・ビーコン・プローブ・ショベル等が必要)

100年生きた木でつくったものは100年以上使えるものであってほしい。
「木の物語」を手話通訳を介して、色々感じることが出来るのもこの企画の魅力です。
また木工ワークショップで自分の小刀を使って木を彫ります
(例えば「マイ箸」「バターナイフ」など)

冬山の雪の森を歩いて、木をみてみたい
普段使っている木のことをもっと知りたい
木を彫って自分で使ってみたい、等

興味のある方は下記ウェブサイトをご覧下さい
http://positiveimpact1.web.officelive.com/ivent.aspx

日時 2011年4月2日(土)~4月3日(日)
(集合)4月2日(土)
・公共機関利用の場合 午前9時 JR沼田駅
・車利用の場合 午前10時 吹き割れの滝(駐車場)

解散 4月3日(日)
・尾瀬『岩鞍リゾートホテル』午後4時
(上毛高原駅経由、沼田駅行きのバスあり)

場所 群馬県片品村/尾瀬岩鞍周辺

参加費
・おとな 21,000円(税込)
・小学生 11,000円(税込)
・未就学児無料(託児なし)

参加費に含まれるもの
尾瀬『岩鞍リゾートホテル』での1泊2食付、4/3(日)昼の弁当
2日(土)製材所、製材現場のガイド料。木工ワークショップ材料費、講習費
3日(日)尾瀬岩鞍のリフト、ゴンドラ1日券、雪山トレッキング・ガイド料、
傷害保険料

持ち物
・ワークショップ用小刀
・雪のある森を歩く服装&靴
・防寒着(薄めのダウンジャケット等)
・スキーやスノーシューなど雪の上を歩く道具(スノーシューのレンタルあり)
・デイパック(自分の飲み物や弁当などを入れて運ぶため)など

タイムテーブル
4月2日(土)
・JR沼田駅集合チーム(9時)と吹き割れの滝集合チーム(10時)が合流
「星野林業」へ
・昼過ぎまで、切り出された巨木の丸太を眺め、木の話を聞く
(昼ご飯は、各自)
・製材所へ移動し、丸太の製材を見学
・午後3時~4時ごろ尾瀬『岩鞍リゾートホテル』へ移動、ワークショップ
・午後6時、夕食。歓談。

4月3日(日)
・朝9時、ホテルを出発、スキー場のゴンドラにてゲレンデ上部へ
・西山頂上を目指して、森を眺めながらスノー・トレッキング
・西山頂上で、お弁当(弁当はホテルにて準備。飲み物などは各自)
・下山。午後4時ホテル前で解散
※タイムテーブルは予定です。時間どおり進行しない場合もあります。
ご了承ください。

その他
1.4/2(土)の昼食は各自用意
2.[スノーシュー]のみレンタルがあります
レンタル希望者は『岩鞍リゾートホテル』にてレンタル料=1000円(1日)
3.テレマークスキー、スノーボードでのご参加の方はビーコン、プローブ
(ゾンデ)、ショベル、シール等の雪崩遭難防止装備の用意(一部レンタル有、要問合せ)をお願いします。
4.スノーシューでご参加の方は、ビーコン等のレンタルは不要です。
5.当団体で加入する傷害保険は4/3(日)のみです。
詳細 http://positiveimpact.at.webry.info/201102/article_2.html
6.岩倉リゾートホテルでの個室をご希望の方は、別途ご相談ください。
7.当日、気象条件などにより、予定変更あるいは中止になる可能性があります。
前日までに中止を決定した場合は、申込者へ連絡し、参加費は返却します。

協賛 尾瀬『岩鞍リゾートホテル』、星野林業、遊楽木舎

参加メンバー
PIOスタッフ=堀田貴之、かくまつとむ、安部滋、永易トロール、菊池美穂
HTPスタッフ=鎌田純男、吉澤良一、平井敦
ゲスト参加=野川かさね(写真家)

※ツアー参加の申し込みの際には、ろう者は「ろう者です」を明記して下さい。
質問などのお問い合わせも受け付けています。
・メール positiveimpact@hotmail.co.jp
(@を小文字@に直して、メールをお願いします)

または「お問い合わせ」ページよりお願いします。
http://positiveimpact1.web.officelive.com/contactus.aspx

*定員になり次第、締め切らせて頂きますのでご了承をお願いします。

この『Thinking of Positive Impact
Organization」イベントは「ポジティブ インパクト(*2)」と「ハートツリープロジェクト(*3)」とのコラボレーション企画です。

(*2)「ポジティブインパクト(Positive impact Org)」は世界の海を、山を遊び倒してきたアウトドアライターの堀田貴之氏が代表でろう者であるトロールとミホがスタッフとして関わっています。
詳細 http://positiveimpact1.web.officelive.com/staff.aspx

(*3)「ハートツリープロジェクト」は群馬県尾瀬~沼田地区の木工職人を中心に、木の物語を発信・伝道していくプロジェクトチームです。
タグ :

次へ  新聞掲載

TOPPAGE  TOP