Check
狭山丘陵の郷土食ゆでまんじゅう作り

ろう者の環境サークル『こもれび』~2011年度第2回企画~

埼玉県の主要な作物であったコムギから作られる郷土食「ゆでまんじゅう」を作ることで、地域に根ざした里山文化を体験しませんか?

日程 11月5日(土曜日) ※雨天時決行

集合:9時半 西武狭山線「下山口駅」改札前/解散:15時 同駅

場所 狭山丘陵いきものふれあいの里センター
(埼玉県所沢市荒幡782 TEL/FAX:04-2939-9412)

内容 石臼体験、ゆでまんじゅう作り、野外散策(荒幡富士へ)

持ち物 弁当、水筒、帽子、タオル、雨具、エプロン
※森林の中を散策する時間もありますので、動きやすい服装・靴でお越し下さい。

参加費 「こもれび」会員600円/非会員700円
※一部は東日本大震災義援金にあてます
小学生以下は300円、ただし保護者同伴でお願いします。
※乳幼児の親子でゆでまんじゅう1人分になる場合は、
親子で(会員)700円/(非会員)800円になります。ご相談ください。

申込方法 10月29日(土)までに「参加者名・大人か小学生以下か・連絡先」を明記し、「こもれび」企画担当の廣瀬( deaf-env-komorebi@goo.jp )までメール下さい。
参加費は当日受付で直接お支払下さい。

※「ゆでまんじゅう」で使う小麦粉は地元(所沢市)で今年採れたコムギを小麦粉にしたものを、分けてもらうことになっています。個人の農家の方なので、直接検査はされていません。埼玉県では、今年とれた県内産のコムギからは検出されていないという発表をされています。

ろう者の環境サークル『こもれび』
http://blog.livedoor.jp/komorebi_deaf-komorebi_deaf/
タグ :

次へ  10月10日『目で聴くテレビ』番組紹介

TOPPAGE  TOP