Check
愛知聾史倶楽部 創立10周年記念第11弾企画のご案内

当倶楽部は平成13年1月産声を上げて以来、10周年を迎えることができました。
今回の企画は、かって長崎市沖の端島で炭鉱としてにぎわった「軍艦島」をテーマとして、現地激写した吉田宏氏にお話していただきます。
戦時中、島そのものがあまりにも軍艦船に似ていたため、米軍が発射したというほどでした。狭い島にたくさんの住民が暮らしており、人口密度は世界一であった。
実際に暮らしたことがあるろうあ者も迎え、証言を語っていただく予定です。

ちらし http://www.deaf.or.jp/20110531a.pdf

6月26日(日)午後12時半~受付

「軍艦島におけるろうあ者の生活について」

吉田 浩氏(福岡県)

蒲郡市勤労福祉会館大会議室
JR蒲郡駅北口から徒歩3分

参加料1500円(当日300円増し)

申し込み
青山まで 6月23日(木)しめきり
青山 FAX(052)806-5885
Eメール nao14gi@tg.commufa.jp

当倶楽部結成10周年を記念として「「愛知聾史倶楽部10年のあゆみ」(1000円)を販売しております。
ご希望の方は、上の青山までお問い合わせください。

愛知聾史倶楽部 青山直幹
タグ :

次へ  「映画で共に生きる社会を」~被災地を取材した記録から 映像作家 今村彩子上映会&シンポジウム(大阪府箕面市)

TOPPAGE  TOP