Check
第2回だれもが使えるウェブコンクールシンポジウムのお知らせ

アクセシビリティ、そしてダイバーシティへの潮流
だれもが使えるウェブから、だれもが必要とするウェブへ
11月26日開催(13時30分~16時30分)

http://daremoga.jp/symposium20101126.html

主催:だれもが使えるウェブコンクール実行委員会/NPO法人ハーモニー・アイ

ウェブは今や、社会のインフラになりつつあります。
多様の人々がアクセス可能であることは、益々社会の重要な課題です。

そこで、昨年より毎日新聞社様へもご後援いただき開催している「だれもが使えるウェブコンクール」では、11月26日に渋谷にてIBMフェローでアクセシビリティ研究者で、多くの実績のある浅川智恵子氏の基調講演をはじめ、100万人突破の携帯版Twitterのモバツイ開発者で、シンプルバージョンを音声ユーザーへも対応した藤川真一氏、毎日新聞の記者で視聴覚障害の体験や取材を重ね連載記事を書いた荻尾信也氏など、実践の場でご活躍の多彩なゲストをお迎えし、「だれもが使える、必要とするウェブを考える」シンポジュウムを開催いたします。

ソフトバンクモバイル様ご協力による要約筆記サービスをご用意してます。ご希望の方には、当日要約筆記サポート用のiPhoneかiPadの貸し出しを行います。台数に限りがあるため、ご希望の方は11月14日(日)までにシンポジウム参加のお申し込みをお願いいたします。また、要約筆記サービスをご希望の方でiPhoneかiPadをお持ちの方はご持参ください。

学生の方へは、学割が適用されます。
※受付にて学生証をご提示いただけますと現金にて1,000円のキャッシュバックをいたします。
どうぞ、奮ってご参加ください!

詳細、お申込み
http://daremoga.jp/symposium20101126.html
タグ :

次へ  ビッグ・アイアートフェスティバル「光と影の芸術祭」開催!

TOPPAGE  TOP