Check
ビッグ・アイアートフェスティバル「光と影の芸術祭」開催!

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)では障がいのある方とない方が芸術(アート)を通じて共有できるステージイベントを開催し、相互の理解を深め、かつノーマライゼーション社会の実現への方向性を見出すことを目的として、「ビッグ・アイ アートフェスティバル『光と影の芸術祭』」を開催いたします。
当日は、車椅子席(200席)・副音声ガイド・手話通訳・要約筆記・点字パンフレットなどを用意し、より多くの方々に楽しんでいただけるよう配慮し実施いたします。

「ビッグ・アイ アートフェスティバル『光と影の芸術祭』」

主催:財団法人大阪府地域福祉推進財団 国際障害者交流センター ビッグ・アイ

開催場所:国際障害者交流センター 多目的ホール・研修室他

催事名:ビッグ・アイ アートフェスティバル『光と影の芸術祭』

日時:ステージプログラム
2010年12月19日(日)13:30~16:00(予定)
ワークショップ
2010年12月18日(土)13:30~17:00(予定)

入場料:無料(事前応募制)

応募方法:事前応募制(11月22日必着)
・官製ハガキ 〒530-8090 郵政事業株式会社
大阪支店留置「光と影の芸術祭 事務局」宛
メール hikari_kage10@yahoo.co.jp
ウェブサイト http://www.big-i.jp/info/10_art_festival/

内容
ステージプログラム 手話通訳・リアルタイム字幕・副音声ガイド付
※参加定員1200名
1)泉 たけし「江戸紙切り」
2)劇団角笛「角笛シルエット劇場」
3)関西フィルコンサートマスター・岩谷祐之率いる弦楽四重奏団「光と影で紡ぐ音物語」
4)和代人平「光り絵(ライブペインティング)」

ワークショップ 手話通訳付
1)照明塾「手作りあかりをつくろう!」参加定員20名
2)立本 倫子「お話モビールをつくろう!」参加定員20名
3)劇団角笛「影絵で遊ぼう!」参加定員30名
4)アサオヨシノリ「どうして絵が動いて見えるのかな?」参加定員40名
タグ :

次へ  『目で聴くテレビ』番組紹介2010年11月9日(火)

TOPPAGE  TOP