Check
ダイバシティヴィム「必ず道が拓けるから、僕は今を大切にして歩いていく」

第8回ダイバシティヴィム
このシンポジウムは無料で手話通訳がいます。

また、途中参加・途中退席が可能です。
事前の申し込みも必要ありません。

テーマ「必ず道が拓けるから、僕は今を大切にして歩いていく」

日時 平成22年11月24日(水)19:00~21:00

講師 片岡亮太氏
(和太鼓奏者:コロンビア大学non-degree student)

内容 生来弱視であった片岡氏は、小学校4年時に全盲になりました。

その後盲学校の生徒になり、目が見えなくても工夫さえすれば勉強できることを知った片岡氏は、上智大学を主席で卒業され、ダスキン愛の和財団の奨学金にて来年度のコロンビア大学への留学が決定されました。

また、片岡氏にとって小学校6年時の和太鼓との出会いは転機でした。
「もしかしたら僕は、和太鼓に出会うために失明したのかもしれない。
とさえ思った。」と振り返られています。

以後、邦楽打楽器奏者仙堂新太郎氏に師事された片岡氏は、現在はプロの和太鼓奏者として活躍されています。

片岡氏が伝える言葉は、きっとあなたの胸を熱くするでしょう。
(当日、片岡氏によるパーカッションの演奏があります)

場所 LEN会議室西新橋(東京都港区西新橋3―4―1西新橋佐藤ビル6階)
http://www.len.co.jp/conference/c_nisisinbasi.html
山手線「新橋」駅日比谷口徒歩10分
都営三田線「内幸町」駅A3徒歩6分
都営三田線「御成門」駅A5徒歩5分
メトロ銀座線「虎ノ門」駅1番徒歩8分
メトロ日比谷線「神谷町」駅3番徒歩5分

お詫び
大変申し訳ないことなのですが、会場のトイレがバリアフリーになっておりません。
誠に申し訳ございません。

ダイバシティヴィムとは
ダイバシティヴィムは、ダイバシティ社会(障がいの有無に関わらず、誰もが社会貢献をする"機会"を得られる社会)を目指しています。
たとえば障がいを持っている方々は、自分の出来る範囲での社会貢献を望んでいますが社会の誤解や無理解のために、その能力を十分に発揮できていないのではないでしょうか?
私たちは、障がいのことを障がいを持たない一般の方々に理解していただくことがダイバシティ社会を築く上で重要であると考えてシンポジュウムや講演を行っています。

連絡先:郵送 東京都港区南青山2丁目11番13号 南青山ビル4階
オフィスヴィム
主幹 南間哲―6277―1023(080―6675―2070)
ウェブサイト:http://diversity-vim.com/
e―mail:office_vim@livedoor.com
タグ :

次へ  とうろうもんバー(笑) IN ふらっとんTIMESのお知らせ

TOPPAGE  TOP