Check
国立情報学研究所 市民講座(文字通訳)のご案内

国立情報学研究所 http://www.nii.ac.jp/  では、一般の方を対象とした公開講座「市民講座」を無料で開催しております。

この市民講座は、当研究所に関係する研究者が情報学関連のテーマを一般向きに分かりやすく解説する講座です。

第4回(9月8日(水)18:30-19:45)は次のタイトルで行います。
「三次元でモノを見る-3Dディスプレイを支える映像技術とは?

概要:
3D映画や3Dテレビなど、最近「3D」という言葉を耳にする機会が多くなりました。「3D」は、「3-Dimensional(三次元)」の略で、「映像が立体的に見える」ことを意味します。
この講座では、三次元ディスプレイ(立体感を与えることのできる表示装置)についてお話します。私たちの視覚がどのように立体を認識するのかという話から、現在主流となっている三次元ディスプレイの特徴、最近の研究動向まで、3Dに関連する様々な題材を平易に解説します。

講師:後藤田洋伸(国立情報学研究所准教授)

毎回(全8回)「文字通訳」を行います。
各回の詳細は以下の市民講座ウェブサイトをご覧ください。
http://www.nii.ac.jp/shimin/

当日の講義内容を入力した記録は、後日市民講座ウェブサイトで公開致します。

ご関心のある方の参加をお待ちしております。

国立情報学研究所
広報普及チーム
E-mail shimin@nii.ac.jp
Fax 03-4212-2150

タグ :

次へ  東京聴覚障害者自立支援センター平成22年度特別講演第2弾のお知らせ

TOPPAGE  TOP