Check
1/23ダイバシティヴィム「これからの福祉」

このシンポジュウムには手話通訳がいます
このたびオフィスヴィムが主催しておりますシンポジュウム
「ダイバシティ ヴィム」
http://diversity-vim.com/
平成24年1月23日(月)13時~15時に、参議院議員会館会議室で開催します。
講師は現職の参議院議員・公益財団法人聴覚障害者教育福祉協会会長であり前参議院 副議長、前自由民主党両院議員総会長、元科学技術庁長官、元自由民主党 障害者対策特別委員会 委員長代理などを歴任された『山東昭子先生』をお迎えします。

テーマは「これからの福祉」です。

また、今回も前回までのダイバシティヴィムと違う点がいくつかございます。
(1)今回は参加費は無料での開催です。
(2)完全な事前申し込み制です。
前日までに office_vim@livedoor.com か、もしくはvim_since1882@i.softbank.jp に、『お名前・所属』を明記して、ご参加の旨を送信して下さい。
ご同伴者がいる場合は、必ずその方のお名前もご記載下さい。
オフィスヴィムからの返信をもって、参加申し込みの完了となります。
(3)車椅子利用者の方は、当日の会場対応のため参加申し込みの際に、必ずその旨を明記して下さい。
注意 前日までに参加申し込みが完了してない場合、当日ご来場頂いても入場できません。

お詫び
会場のお手洗いがバリアフリーになっていません。誠に申し訳ございません。

第14回ダイバシティヴィム

テーマ:「これからの福祉」

講師:山東昭子女史
(前参議院副議長 公益財団法人聴覚障害者教育福祉協会会長)

日時:平成24年1月23日(月)13:00~15:00

内容:山東昭子先生が会長を務める(財)聴覚障害者教育福祉協会は、障害者関係法人では最も歴史のある組織であり、もともと昭和6年に徳川義親侯爵を会長に(財)聾教育振興会として創立されました。
その後、戦中戦後の混乱期を経て、昭和35年に桜内義雄代議士(元衆議院議長)を新会長に決定。
昭和45年に現在の会名である、財団法人聴覚障害者教育福祉協会と改めました。
以来、全国聾学校長会との連携による文部厚生予算獲得の運動や、全国聾学校PTA連合会の結成、耳の日運動の普及、文部省特殊教育課の実現など、聴覚障害者教育や福祉の向上に大きく貢献してきました。
また、昭和53年から始められた「聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」は、秋篠宮妃紀子様の御来賓を賜りながら開催されています。
今回は自由民主党 参議院議員の山東昭子先生をお招きし、聴覚障害者を取り巻く環境や、聴覚障害児を育てた母親たちについてお話をいただきます。

場所:参議院議員会館会議室
 東京都 千代田区 永田町2-1-1
永田町駅から徒歩4分、国会議事堂前駅から徒歩7分、溜池山王駅から12分

ダイバシティヴィムとは
ダイバシティヴィムは、ダイバシティ社会
("障がいの有無"や"見た目"に関わらず、誰もが社会貢献をする"機会"を得られる社会)を目指して、障がいのことを、障がいを持たない一般の方々に理解していただくことがダイバシティ社会を築く上で重要であると考えて、シンポジュウムや講演を行っています。

連絡先:郵送 東京都港区南青山2丁目11番13号 南青山ビル4F
オフィスヴィム 主幹 南間哲(03-6277-1023)
ケータイ 080-6675-2070
ウェブサイト:http://diversity-vim.com/
e-mail:office_vim@livedoor.com
タグ :

次へ  12/21・22手話ライブのお知らせ・手話パフォーマンスきいろぐみ

TOPPAGE  TOP