Check
JICAアフリカ障害者地域メインストリーミング研修(自立生活)カントリーレポート発表会のお知らせ

このたび、8月27日にJICA研修のカントリーレポート発表会を以下のとおり開催いたします。

今回の研修には、アフリカ6カ国から9名の障害当事者が参加しており、報告会では研修員の自国での活動や障害者の状況を発表していただきますので、ぜひご参加ください。
また、ご興味をお持ちの方をご存知であれば、ぜひご案内していただければ幸いです。

締切日が25日木曜日と迫っており、大変恐縮ですがご検討頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

公開セミナー カントリーレポート発表会

アフリカ地域の6カ国(ケニア、マラウィ、ナミビア、ウガンダ、タンザニア、ザンビア)から、9名の障害者リーダーが自立生活研修のために来日します。
彼らを囲んで、障害者をめぐるアフリカの課題について語りましょう。
アフリカではゼロから当事者運動を発展させてきたリーダーに代わって、インターネットや海外のセミナーで勉強を重ね権利意識に目覚めた若い障害者が台頭してきています。
障害をもつ仲間の生の声を聞き、彼らの生活に思いをはせるよい機会です。
どうぞ、ふるってご参加下さい。

主催 独立行政法人国際協力機構(JICA)
特定非営利活動法人 DPI日本会議
協力 ヒューマンケア協会

日時 8月27日(土)10:00~16:00(9:30~受付開始)

場所 新宿NSビル 3階305会議室
TEL:03-3342-4920 FAX:03-3346-8919

参加費 800円(交流会昼食代)

言語 日本語、手話通訳、文字通訳あり
*午後は英語のみ、及び日本語通訳が入る2つのグループに分れ、グループディスカッションを行います。

参加申込 氏名、所属団体、メールアドレスまたはご連絡先、午後のグループの希望(英語または日本語のいずれか)、情報アクセスの有無(手話、文字通訳、点字、拡大資料等)、タイトルに「アフリカ・カントリーレポート発表会」と明記の上、DPI日本会議にEメール(shimano@dpi-japan.org)またはFAX(03-5282-0017)にてお申し込み下さい。

締切日 8月23日(火)

プログラム 10:00 開会あいさつ
10:05~10:10 主催者あいさつ
10:10~11:10
基調講演「アフリカの障害当事者運動と障害者のメインストリーミング」
ムッサ・チワウラ氏(マラウィ障害団体連盟事務局長)
11:10~12:10
「日本とアフリカの障害者を中心とした国際協力」斉藤龍一郎氏(アフリカ日本協議会)
12:30~14:00 昼食交流会
14:00~16:00
グループ・ディスカッション「第二次アフリカ障害者の十年の緊急課題」
英語のみ・日本語通訳の2グループに分かれて行います。

お申込み・お問合わせ DPI日本会議(担当:田丸、島野)
Tel:03-5282-3730 Fax:03-5282-0017
Email:shimano@dpi-japan.org
タグ :

次へ  新聞掲載

TOPPAGE  TOP