Check
2009年度アメリカ視察「高度専門領域に対応した手話通訳者養成Ⅱ」報告会および情報交換会のご案内

筑波技術大学障害者高等教育研究支援センターでは、昨年度、「高等教育機関のアクセシビリティ向上を目指した筑波聴覚障害学生高等教育テクニカルアシスタントセンター(T-TAC)構築事業」におきまして、「高度専門領域に対応した手話通訳者養成Ⅱ」に関するアメリカ視察を行いました。

この度、本視察の報告書の発行を機に、下記の通り報告会を開催いたします。

前半は、視察で得られたアメリカでの先進的な通訳者養成課程についての情報や、地域ならではの養成方法を取り入れている大学などの取り組みをご紹介します。

続いて後半では、日本において高度専門領域に対応した手話通訳者をいかにして養成するか、そして、より専門性の高い手話通訳者を育てるために必要な事は何かなどについて、ご参加のフロアーの皆様と活発な情報交換や意見交換をさせていただきたいと思っております。

現在、手話通訳者養成に携わっている皆様、手話通訳を導入している高等教育機関の教職員の皆様、手話通訳者養成機関で教鞭を取られている皆様、聴覚障害者に関わる団体の養成担当役員の皆様、この機会にぜひご参加いただきたくお知らせいたします。

つきましては、会場の席(定員30名)に限りがございますので、参加をご希望の方は事前にお申し込みいただきますよう、よろしくお願いいたします。

日時:2010年7月6日(火)19:00~21:00

場所:東京コンファレンススクエアM+(エムプラス)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1F

内容:
・2009年度アメリカ視察参加者からの報告
・質疑応答、意見交換 他
※視察の概要につきましては、アメリカ視察「高度専門領域に対応した手話通訳者養成Ⅱ」概要をご覧下さい。こちらは、お手数ですが下記URLからダウンロードしてください。
http://firestorage.jp/download/1b9b082cfefd6ae37fcc7645c61f85e55ffaf0da
※報告会当日に、2009年度アメリカ視察報告書を配付させていただきます。

お申し込み締め切り:2010年7月2日(金)

【事前のお申込先とお問い合わせ先】
ご参加を希望される方のお名前、ご所属をお知らせ下さい。
なお、ご不明な点がございましたら、下記宛ご連絡下さい。

筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター 担当:蓮池通子・石野麻衣子
E-mail:request[a]pepnet-j.org[a] を@に変えて送信して下さい)
TEL&FAX:029-858-9438

タグ :

次へ  日本財団助成事業【東京・札幌】第7期留学奨学生募集 留学説明会

TOPPAGE  TOP