Check
手話文化村夏の特別講演のお知らせ

手話文化村の夏期特別講演(講師:米内山明宏)
を下記の通り行います。

講演B「ろう者の役割」

手話が社会に溶け込み、ろう者の存在も当たり前と感じられるようになってきました。
数十年前と比べると大きな進歩です。
この新しい時代、ろう者は時代に何を求められているのでしょうか?
そしてその役割とは?

<実施日>
(1)9月16日(木)19:00~20:30
(2)9月27日(月)14:00~15:30

講演C「手話通訳者の役割」

時代の変化と共に色々なあり方も変化が要求されます。
手話通訳者のあり方は以前と同じでよいのでしょうか?
役割は変わっているのでしょうか?

<実施日>
(1)9月17日(金)14:00~15:30
(2)9月28日(火)10:30~12:00

講演D「手話サークルの役割」

はじめての手話サークルが出来てより50年近く経とうとしています。
しかし最近では新たに手話を学ぶ人の数が減少しています。
そんな中サークルの有り方と役割りを改めて考えてみませんか?

<実施日>
(1)9月16日(木)10:30~12:00
(2)9月29日(水)10:30~12:00

講演E「地域のろう協の役割」

社会には障害者が受け入れられ多くのろう者も社会に出ています。
その結果ろう者の若者と社会に出ていないろう者間の意識の差が大きくなっています。このような時代にろう協の役割とは何なのか?
聴者はどう協力できるのか?

<実施日>
(1)9月16日(木)14:00~15:30
(2)9月27日(月)10:30~12:00

講演F「ろうの会社の役割」

現代社会において会社のあり方は多様化しており株式会社の他にNPOや一般社団法人の設立が出来るようになりました。
そんな中、ろう者自身もNPOや一般社団法人を立ち上げるようになってきました。
ろう者が主体的に運営する会社。そんな会社の役割を考えて見ましょう。

<実施日>
(1)9月17日(金)10:30~12:00
(2)9月29日(水)14:00~15:30

<参加費>
講演 2000円

<参加資格>
だれでも参加できます。

<定員>
50名

お申込は:
「特別講演申込み」と書き、講座名、郵便番号、住所、氏名、FAX番号、メールアドレス、講演名、参加日、参加人数を書いて申し込んでください。

有限会社手話文化村
ウェブサイト http://www.shuwamura.com
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-8-9 松石ビル201
手話村塾係まで
FAX:03-5421-1937
Eメール:shop@shuwamura.com

なお、お申込を受付けたご連絡は8月25日以降になります。

タグ :

次へ  「電話お願い手帳」ご利用状況アンケートのお願い

TOPPAGE  TOP