Check
READ公開講座「統計調査から今後の障害者施策を考える」のお知らせ

2010年8月7日に学術創成研究「READ(Research on Economy and Disability)総合社会科学としての社会・経済における障害の研究」(研究代表者:松井彰彦)の研究成果を公表する公開講座を京都で開催することとなりました。

当日のチラシがウェブサイトにアップされております。

READウェブサイト
http://www.read-tu.jp/index/files/20100807_index.html

また、レジュメは7月末掲載予定です。
一応、今回は申し込み制にしておりますので、できれば事前にウェブサイトにあります連絡先にご連絡いただけると大変ありがたいです(もちろん、当日お越しいただいても大歓迎です)。

手話通訳および文字通訳付きです。

登録フォームは以下です。
http://www.rayp.jp/read/form.html

【公開講座タイトル】
「統計調査から今後の障害者施策を考える
-障害者の生活実態から見えてくるもの(身体障害編)」
【趣旨説明】
東京大学READでは、様々な障害種別の障害者団体にご協力をいただき、『障害者の日常・経済活動調査』を実施いたしました。統計調査から障害者の生活実態を明らかにすることで、今後の障害者施策を客観的に議論することを目的としています。
今回の公開講座では、解析作業の始まった団体のデータから浮かび上がってくる障害者の生活実態をご紹介することで、議論を深めたいと考えております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【日時・開催場所】
日時:2010年8月7日(土)13時30分~17時00分
受付開始:13時00分~

開催場所:キャンパスプラザ京都4F・第2講義室
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る
キャンパスプラザ京都(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側)

http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=585&frmCd=14-3-0-0-0

【報告・パネルディスカッション参加者】
松井彰彦(東京大学大学院経済学研究科 教授)
長瀬修(東京大学大学院経済学研究科 特任准教授)
田中恵美子(東京家政大学人文学部 講師)
金子能宏(国立社会保障・人口問題研究所 社会保障基礎理論研究部 部長)
長江亮(早稲田大学高等研究所 助教)
河村真千子(東京大学大学院経済学研究科 特任研究員)
両角良子(富山大学経済学部 准教授)

13:00-13:30 30分
受付
13:30-13:35 5分
松井彰彦
趣旨説明

≪セッション1≫
13:35-13:50 15分
長瀬修
障がい者制度改革推進会議の動向・政策決定での統計調査の重要性

13:50-14:10 20分
両角良子
「障害者の日常・経済活動調査」の説明

14:10-14:30 20分
田中恵美子
肢体不自由者の生活時間の特徴

14:30-14:40 10分
休憩

14:40-15:00 20分
河村真千子
障害とソーシャル・サポート:その重要性と身体障害者の実態

15:00-15:20 20分
金子能宏・長江亮
身体障害者の日常生活と就業(就労)選択

15:20-15:40 20分
両角良子
身体障害と医療サービス・福祉サービス

15:40-16:00 20分
休憩+質問票の回収

≪セッション2≫
16:05-17:00 55分
報告者とフロアを交えたディスカッション

情報提供:森 壮也さん


タグ :

次へ  エコロコ@デフ第4回企画~梨狩りを通して作物の作ること・食べることの大切さを知ろう~

TOPPAGE  TOP