Check
ろう女性史講演会シリーズ・第2弾!

『きこえない女性のためのサイニング・ヒストリー(手話による自分史語り)』
第2回 大槻芳子氏講演会

このたび、ご好評をいただいております「ろう女性史編さんプロジェクト」の公開イベント「きこえない女性のためのサイニング・ヒストリー(手話による自分史語り)講演会シリーズ第2弾!」を開催いたします。
第2回目は、大槻芳子氏(元全日本ろうあ連盟本部事務所長)をお招きして、「きこえない女性の生き様」をテーマに、ご自分の経験や次世代へのメッセージを語っていただきます。つきましては、ご関心をお持ちの方の参加をお待ちしております。
また、この活動が、「いのちを育む」性ゆえの喜びや悲しみ、希望や葛藤を織り交ぜた「きこえない女性たちの歴史」を紡いでゆく場づくりの一助となれば嬉しく思います。

※本事業は、2010年度ボランティア・市民活動支援総合基金「ゆめ応援ファンド」による助成をいただいて実施いたします。来春には、聴覚障害学生の次世代育成支援および地域社会への理解促進ツールとして、DVD発行を予定しております。

【日時】2010年7月31日(土)14:00-16:00(13:30開場)

【会場】東京都障害者福祉会館2階 集会室B1B2
東京都港区芝5―18―2(JR山手線・京浜東北線田町駅歩5分
都営地下鉄浅草線A7出口/三田線A8出口)

【内容】
第2回「手話による自分史語り」講演会
講師:大槻芳子氏
テーマ:「女性パワーはすごいのです!
~ろうあ運動と子育て、夫婦二人三脚で歩んできた~」
略歴:1942年1月新潟県生まれ。新潟県立新潟ろう学校卒業。ろうあ者相談員として横浜市役所に10年間勤務。地元のろう協会役員・NHK「聴力障害者の時間」キャスターや子育てのかたわら、余暇活動として「大槻芳子ライフステージ」にて全国で講演。平成6年より全日本ろうあ連盟本部事務所長。平成12年病気により歩行困難のため退職。
現在、地域での「手話・筆記ボランティア派遣」ポレポレ運営委員長。

【対象】ろう・難聴女性40名
(ただし、申込多数の場合は、きこえない女性優先とさせていただきます。)

【参加費】1,000円

【情報保障】読み取り通訳(手話通訳)・文字通訳がつきます。

【注意事項】
・お子様同伴の方には、会場後方にスペースをご用意しております。お申込の際にお子様の人数・年齢を明記のうえ、お申込ください。
・当日は、写真およびビデオによる記録撮影を行いますので予めご了承願います。

【主催】Lifestyles of Deaf Women ろう女性史編さんプロジェクト
特別編さんメンバー:岩田恵子
編さんメンバー:長野留美子、吉田仁美、吉川あゆみ、小山未知子、橋爪由利(当団体スタッフ)
映像記録撮影:今村彩子(Studio AYA代表・映像作家)

【お申込・問合せ】ブログ申込フォームよりお申込みください。
他のお問い合わせ lifedeafwomen@yahoo.co.jp  長野まで

【ブログ】http://rumineko2006.blog40.fc2.com/

タグ :

次へ  第33回ろう・難聴教育研究大会のご案内

TOPPAGE  TOP