Check
コーヒーアワー「障害と開発」シリーズ 第27回のお知らせ

世界銀行情報センター(PIC東京)
障害分野NGO連絡会(JANNET)
日本財団 共催
コーヒーアワー「障害と開発」シリーズ 第27回
ベトナムろう教育の現場から
~手話教育で育まれるろう者の可能性~

ベトナムにはろう者が手話で勉強できる学校がありませんでした。
日本財団はベトナムのろう者が手話で教育を受けられるように、ベトナム政府や大学と協力し、ろう者の高等教育支援をベトナム南部のドンナイ市で2000年から開始しました。それまで中学を卒業したろう者は一人もいませんでしたが、今では11人のろう学生が大学で勉強しています。

今回、その現役ろう学生が日本の教育事例を勉強しに来日します。この機会に「ベトナムのろう教育」と「障害と開発」について考え、ベトナムろう学生との交流を楽しんでみませんか?

<スピーカー>
グェン・ティ・ホア(Nguyen Thi Hoa) ろうバイリンガル教育事業・副代表11人のベトナムろう大学生

<コメンテイター> 招聘中

日時:2010年2月22日(月) 午後6時30分~8時00分

場所:世界銀行情報センター(PIC東京)
世界銀行情報センター
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階
地下鉄三田線 内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線 霞ヶ関駅

参加費:無料(コーヒー付き)

使用言語:日本語、日本手話

問合せ先:世界銀行情報センター(PIC東京)
E-mail:ptokyo@worldbank.org
Tel:03-3597-6650
申込方法:世界銀行東京事務所ウェブサイト
サイトを見る
上でお申し込みいただくか、お名前、ご所属、ご連絡先を
「12月12日コーヒーアワー参加希望」と明記の上、
ptokyo@worldbank.org 宛にお送りください。

ぜひぜひご参加ください。よろしくお願いいたします!


タグ :

次へ  東京大学READ「経済と障害の研究」のお知らせ

TOPPAGE  TOP