Check
東京大学READ「経済と障害の研究」のお知らせ

この間、大きく動き出している障害者関連政策についての公開講座を3月第2土曜に開催します。
手話通訳・PC文字通訳などの情報アクセス保障あり・参加申込み不要・参加費無料です。ご参加をお待ちしています。

READ公開講座
<障害>の視点から考える政策的課題
―障害学と経済学のコラボレーションに向けて

期日 2010年3月13日(土)13:00-17:00

場所 東京大学本郷キャンパス 経済学研究科棟第1教室(地下1階)
東京大学本郷キャンパス

昨年の政権交代をきっかけに、今年1月、内閣府に、「障がい者制度改革推進本部」が作られ、1月半ばから、会議がスタートしました。
この会議は、障害者権利条約批准を視野に入れ、日本の障害に関わる制度、政策を抜本的に見直し、検討することを目的にしており、その構成員の過半数を障害当事者団体関係者が占めるという画期的なものです。
今、障害関連政策は大きな転換期にあります。
この転換期に、従来とは異なる枠組みで、現在課題となっている障害の定義をはじめとする幅広い課題や、経済制度のなかの障害者施策に関する議論を、あらためて、参加者のみなさんと共有し、議論を深めるきっかけを作りたいと思います。
みなさまのご参加をお待ちしています。

プログラム
(敬称略)

13:00 趣旨説明
13:10~セッション1
【現在課題となっていること 課題化していきたいこと】

・山本創(DPI日本会議)
障害者の貧困・就労・自立支援の課題 「障害」定義の再考という視点から

・臼井久実子(READ・障害者欠格条項をなくす会) 
欠格条項関連 就労の手前にある困難 補助者・介助者をいれた就労のあり方

・児玉有子(東京大学医学研究科 先端医療社会コミュニケーションシステム社
会連携研究部門 特任研究員)慢性疾患と障害と経済

・小川喜道(神奈川工科大学教員)
「障害」と社会参加(パーソナルアシスタントの可能性)

・西倉実季(READ) ユニークフェイスと就労に関わる課題

(休憩)

14:40~ セッション2【経済制度の中の障害者施策】

・松井彰彦(READ)
経済学の視点から考えられる課題 経済学ができること

・勝又幸子(国立社会保障・人口問題研究所)
経済制度の中の障害者の所得保障と自立支援策

・岡部耕典(早稲田大学教員)ベーシックインカム構想と障害者施策

・金子能宏(国立社会保障・人口問題研究所)財政制度の中の障害者施策

(休憩)

フロアを交えたディスカッション

(17:00終了)

【情報保障】
手話通訳・文字通訳あり
点字レジュメ、拡大文字レジュメは事前にお問い合わせください。

参加費無料・事前申し込み不要

*当日使用するレジュメは、事前にREADのウェブサイトで公開予定です。
追ってお知らせします。

お問い合わせ先
read.koukai@gmail.com

主催・東京大学READ「経済と障害の研究」
東京大学READ


タグ :

次へ  一般社団法人江戸川ろう者協会『第2回ふれあいみみまつり』

TOPPAGE  TOP