Check
「9月9日人工内耳の日」記念 もっとよく知ろう!人工内耳ウォーク&トーク

概要
午前中は人工内耳啓発のウォーク、午後は講演会(トーク)とし、人工内耳の最新技術の動向と人工内耳装用者の被災体験談を通じて、災害時の聴覚障害者に多面的な支援体制が必要であることを発信する機会とします。

日時 2011年9月4日(日)9:45~16:30
9:45 ウォーク...JR御茶ノ水駅聖橋出口前集合、トーク会場まで歩きます人工内耳装用者の仲間、家族や友人とおしゃべりしながら街を歩きましょう。
街の人たちに声をかけ、人工内耳のことをお話ししましょう。

13:00 トーク...人工内耳について勉強しよう!
磁気ループと要約筆記あり
・講演「残存聴力型人工内耳」虎の門病院 熊川孝三先生
・東日本大震災 被災地の聴覚障害者の状況(予定)
・人工内耳装用者 体験談

トーク会場 YMCAアジア青少年センター スペースY
(千代田区猿楽町2-5-5)

参加費 無料(できれば事前申し込みをお願いします)

人工内耳友の会主催。人工内耳装用者の団体「声援隊」、社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会の当事者3団体で実行委員会を設けて進めています。
都内や関東を中心に、広く聞こえの問題や人工内耳に関心をお持ちの多くの方に参加を呼びかけています。

1)人工内耳について、聞こえにくい当事者だけでなく、社会全体で理解を広めてほしいと行う啓発イベントです。
2)今回のイベント、東日本大震災への支援も大きな目的となっています。
特に被災地の聴覚障害者への支援が遅れています。
文字やサインなどの視覚的な情報がないと、孤立してしまいがちです。
聞こえないということは、周囲との関係性の障害も併せ持つ場合が多いのですが、特に被災時には問題が大きくなりがちです。当事者の体験談があります。

参加申し込み・問いあわせ
メールかFAXでお願いします。申し込み〆切は8月31日まで。当日参加も可。
FAX 03-3354-0046(全難聴事務局宛)
メール seientai@mac,com(声援隊事務局宛)

次のサイトに、企画の詳細案内等が掲載されています。
http://sites.google.com/site/94ciday/

情報提供:小川光彦さん
タグ :

次へ  『目で聴くテレビ』番組紹介2011年8月22日(月)

TOPPAGE  TOP