Check
手話の歴史言語学 国際ワークショップ(於:大阪)

第20回国際歴史言語学会の一分科会を一般に公開します。

「手話の歴史言語学―データベースの構築と一般歴史言語学における展開を目指して―」と題して、日本手話、アメリカ手話、東南アジアの手話、東アジアの手話の例に触れながら、手話の歴史的な研究と、その研究を支えるデータベースづくりの手法について議論するプログラムです。専門的な内容になりますが、ご関心のある方はぜひご来場いただけると嬉しく思います。
当日は、会場と米国ロチェスター大学をインターネットでつなぎ、スパラ教授(ろう者)がリアルタイムで講演します。アメリカ手話ですが、英語、日本語、日本手話への通訳が準備されています。
国立民族学博物館(大阪・千里万博記念公園内)での開催であり、参加費は無料です。詳細・参加申し込み方法は下記サイトまで。

http://www.minpaku.ac.jp/research/pr/110728.html
タグ :

次へ  7/30(土)親子のアートセラピー講座のご案内 ~手話対応~

TOPPAGE  TOP