Check
全国ろう児をもつ親の会 ミニ講座「日本手話のしくみ」を知ろう~眉、あご、頭の動き、目線が文法!?~

講師 岡典栄氏

一般に「手話」と呼ばれているものには「日本手話」と「日本語対応手話(手話つきスピーチ)」があります。
日本語の語順に沿って手を動かす「日本語対応手話」は、日本語を手で表す言葉。
一方「日本手話」は、日本語とは異なる文法構造をもつ独自の言語です。
このため、日本手話は学習するのが大変難しいとされてきました。
そこで「日本手話」がどんな"しくみ"の言語なのか?
眉やあご、頭の動きが文法になっているというのは、どういう意味なのか?
日本初の日本手話文法書「文法を基礎から学べる『日本手話のしくみ』」の著者、岡典栄氏を迎えてお話を伺います。

日時 3月14日(月)10:30~11:30

場所 きゅりあん(品川区立総合区民会館)5階 第1講習室(大井町駅徒歩1分)

定員 先着30名

※事前申込不要です。当日、直接会場へお越しください。
※日本手話・パソコン文字通訳がつきます
※ろう児に限り同伴可(保育はありませんので、お子さんが静かに過ごせるよう絵本や飲み物などを持参下さい)
※参加費は無料です

講師プロフィール
岡 典栄(おか のりえ)
東京大学文学部言語学科、国立リハビリテーションセンター学院手話通訳学科卒業、英国ケンブリッジ大学言語学修士(M.Phi1)、一橋大学大学院言語社会研究科修士(M.A)。
現在、明晴学園事務長、東京経済大学非常勤講師、一橋大学大学院博士後期課程在学中。

社会福祉法人聴力障害者情報文化センター後援

問合せ先
全国ろう児をもつ親の会
Eメール at_home@hat.hi-ho.ne.jp
FAX 03-3761-9905
タグ :

次へ  新聞掲載

TOPPAGE  TOP