Check
手話で学べる情報リテラシー入門~ろう者が、ろう者の立場で、情報活用術を伝授します!~

近年、情報社会が進展した結果、仕事はもちろんのこと、生活面においても、情報リテラシーを高めることが必要になってきています。また、聴覚障害をお持ちの方は、情報障害、コミュニケーション障害、という一面を持っています。
仕事でより成果を出すために、またコミュニケーションをより円滑にする為に、情報収集から提案までスキルを高める必要性があります。
本セミナーでは、ろう者としてWebマーケティングに携わる一方、各種ソーシャルメディアの運営に関わっていて、情報リテラシーに関するノウハウが豊富な講師をお招きして、ろう者・難聴者の方を始めとした障がい者の方々の情報リテラシーを高めるセミナーを行います。

セミナー概要
1.内容
講義
ソフトウェアメーカーにてWebマーケティングに従事してきたろう者の講師が、「役に立つ情報を取捨選択し、」「様々な観点から分析・整理を行い、」「新しい情報として加工または新しく作成し、」「相手に伝わるようにわかりやすく発信する」方法を伝授します!

・『情報リテラシー』とはどのようなものか?
・『情報リテラシー』はなぜ必要か、また、どんな場面で活かせるのか?
・効率的な情報収集の仕方
・プレゼンテーションの極意
・Blog,mixi,twitter,Facebookなどのソーシャル
メディアの活用方法

ケーススタディを盛り込みながら、情報リテラシーを高めることで、ビジネスシーンや日常生活において、どのようなことに生かせるのか、をお伝えします。

情報保障について
①手話による講義:講義は手話によって行われます。
②手話通訳者の配置:手話がわからない方でも学べるよう手話通訳者を配置しています。講師に質問をしたい時も、手話通訳者を介して、質問することが出来ます③PCノートテイク:難聴者の方も講義を理解できるように、講師の話した内容をPCノートテイクでサポートをします。
※その他、必要な障害配慮がございましたらお気軽にご相談下さい。

2.講師
InfoGapBuster代表 伊藤芳浩氏
ろう者のためのSNSやコミュニティの立ち上げなどを行い、ろう者のネットでのコミュニケーション基盤確立に尽力。また、某メーカーにて、ソフトウェアのプロモーションなどマーケティング業務に従事する一方、手話案内サービスにて展示会におけるバリアフリー確立に尽力。現在、InfoGapBusterを立ち上げ、情報格差を解消するため活動中。情報社会学会会員。

3.日程・時間
3月25日(金)19:00~21:00

4.対象
情報リテラシーの習得にご興味がある方
下記に該当する方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!
例えば)
・周りの人と上手くコミュニケーションができるようになりたい方
・提案やプレゼンテーションが上手くなりたい方
・Blog、SNS、twitterなどを使っているが、友達の増やし方が分からない方

5.その他
・場所:BAB(バブ)スクール セミナールーム
・住所:東京都新宿区市谷台町16-1 ゼクシア市谷台100
・料金:無料
・定員:10名

6.申込方法について
下記、いずれかの方法でお申し込みください。
①申し込みフォーム
下記URLよりお申し込みください。
https://global-ssl.jp/d-and-i.jp/inquiry_logs/apply/00143

②MAILもしくはFAX
1)氏名、2)必要配慮、3)〒・住所、4)電話・FAX番号、5)メールアドレス、6)備考 を明記の上、お申し込みください。
MAIL info@d-and-i.jp
FAX 03-3351-9557
③TEL
下記連絡先へ参加希望の旨をお伝えください。
TEL 03-3351-9556

BABスクール運営事務局:川村
タグ :

次へ  輝ける自分づくりレッスン 手話付き~クローゼットの棚卸でお部屋も心も軽やかに~

TOPPAGE  TOP