Check
東大READ公開講座「障害者の教育と経済活動-計量分析による分析結果の紹介とそのインプリケーション」

公開講座 2011年3月5日(土)
タイトル:「障害者の教育と経済活動-計量分析による分析結果の紹介とそのインプリケーション」

東京大学READ(総合社会科学としての社会・経済における障害の研究)では、障害問題の実態と社会的な側面をとらえるために、統計調査チームを組織して、国内外の障害問題を調査してきました。今回の講座では、障害者の教育収益率と生活実態をテーマとして、それらの調査で得られたデータを使用した計量分析による分析結果を紹介させていただき、障害問題の理解を深めるとともに、今後の施策について皆様と議論させていただきたいと考えています。関心のある皆様のご参加を心からお待ち申し上げます。

場所:東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟 地下1階第1教室
情報保障:文字通訳・手話通訳
参加費:無料

司会・報告・ディスカッションの予定者
・コーディネーター、あいさつ
松井彰彦(東京大学大学院経済学研究科 教授)
・前半司会
星加良司(東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター専任講師)
・報告・ディスカッション
金子能宏(国立社会保障・人口問題研究所 社会保障基礎理論研究部 部長)
澤田康幸(東京大学大学院経済学研究科 准教授)
長江亮(東京大学大学院経済学研究科 特任研究員):後半司会
森壮也(日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター貧困削減・社会開発研究グループ グループ長代理)
LAMICHHANE Kamal(東京大学大学院経済学研究科 日本学術振興会特別研究員)

プログラム
12:30 開場

<セッション1>
13:00-13:05:松井彰彦
趣旨説明 あいさつとREADの紹介

13:05-13:15:星加良司
講座概要説明

13:15-13:40:金子能宏
障害を持つ人の所得状況と社会保障の課題
-READ調査に基づく分析

13:40-14:05:長江亮
日本の障がい者の教育収益率の推定
-READ調査による分析

14:05-14:20:休憩(質問票回収)

<セッション2>
14:20-14:30:長江亮
<セッション1>とのつながりの説明

14:30-14:55:澤田康幸・Kamal Lamichhane
障がい者の教育年数と賃金:ネパールの事例

14:55-15:20:森壮也
障がい者と貧困:フィリピンの調査事例から

15:20-15:40:休憩(質問票回収)

<セッション3>
15:40-16:40:松井・金子・長江・澤田・Kamal・森
フロアを交えたディスカッション

お申込みは、READウェブサイトの専用フォーム
http://www2.e.u-tokyo.ac.jp/~read/jp/register/
からお願いします。
また、点字レジュメ、拡大文字レジュメが必要な方は、2月26日までにお申し込みください。
*なお会場の都合上、車イスをご利用の方は、お申し込みの際にお知らせください。
(登録フォームの「車いす利用」にチェックを入れて下さい)
タグ :

次へ  立教大学共生社会研究センター・PC要約筆記つき公開講演会(3/26)のご案内

TOPPAGE  TOP